新撰組八犬伝 ~ 第一輯 ~

新撰組八犬伝

コラム新撰組八犬伝の世界、特集ページを作成しました。七味春五郎が新撰組八犬伝について、四方山語っております。

縦書き特設ページもできました!

□   序

 その処刑は、板橋宿――平尾、にて執り行われた。
 夜間、である。
 この時代、板橋宿は、江戸四宿の一つとして繁栄していた。
 中山道では、日本橋の次に来る宿場町で、川越街道の起点ともなっている。上宿、仲宿、平尾宿、の総称である。
 このうち、上宿にある大木戸からが、御府内、であった。

 深更にも関わらず、近隣の町民が集まっている。
 板橋宿は、刑場ではない。本当なら、付近の下手人は、小塚原に送られ裁判にかけられるところである。
 みな、この高名な武士の正体を、知らないのだ。
 竹で組まれた、簡易な刑場で、白布が敷きつめられている。その中央に、下手人が鎮座していた。そして、その下手人の目の前には、人の頭部がすっぽり入るほどの穴が開いており、布はご丁寧にその穴の中まで差し入れられているのである。
 仁右衛門は、刑場からはかなり離れた小籔の中から、体格のいい下手人からまんじりとも目が離せず、そのときを固唾を飲んで見守っていた。
 傍らには、土方歳三の他、佐藤彦五郎ら数名がいた。これらは、天然理心流日野道場の面々である。

 三つの篝火が、下手人の面貌をメラメラと照らしだす。新政府軍の兵士が、男を囲い、見下ろしていた。
 白装束にこそ着替えているが、切腹すらかなわない。が、下手人は泰然として、手を股に置いている。その心境を映す物は、なにもなかった。
 やがて、下手人が何かを口にし、大人しく首を差し出す段になった。
 土方がこらえきれずに飛び出しそうになる。仁右衛門らは懸命に押しとどめた。

 赤熊(しゃぐま)とよばれる赤毛の軍帽をかぶった男(色からして、土佐藩士だろう)は、下手人を土壇場にうずくらませると、大きく刀をふりかぶった。
 篝火に照らされる刀身、そして、仁右衛門の位置からは、下手人の髷しか見えぬと言うのに、その夢の中では、確かに男が顔を上げ、きっ、と自分を見ている気がした。
 やがて赤熊は裂帛の気合いとともに、刀を最上段からふりおろす。
 仁右衛門は思わず、夢の中で叫んでいた。
「近藤さん!」

3+
最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG