• 2024年3月24日
  • 2024年3月24日

眠くなる朗読/夏目漱石 坊ちゃん  字幕付き   ナレーター七味春五郎  発行元丸竹書房

■坊っちゃんの解説  夏目漱石による中編小説。二番目に書かれました。ちなみに処女作は、「我が輩は猫である」どちらも一人称で書かれているんですね。    坊っちゃんは、1906年、明治39年雑誌ホトトギスの付録として出されています。元来の江戸っ子で無鉄 […]

  • 2024年3月16日
  • 2024年3月24日

朗読新連載! 山本周五郎AudioBook 「長編 五辨の椿」

  ■あらすじ  不治の病にかかった最愛の父の死。その父を苦しめていた奔放な母。出生の秘密を知ったおしのは、復讐の殺人鬼に墜ちていく——羅刹となった娘の仇討ちは。山本周五郎の異色作。  全六回  ■登場人物 おしの……薬種商「むさし屋」の一 […]

  • 2024年3月9日

【朗読】芥川龍之介 睡眠導入作業用AudioBook  珠玉の短編を十一作詰め合わせしております。 ナレーター七味春五郎  発行元丸竹書房

羅生門、鼻、蜘蛛の糸、桃太郎、猿蟹合戦、トロッコ、藪の中、鼠小僧次郎吉、三右衛門の罪、或敵討の話、或日の大石内蔵助 ■羅生門 1915年(大正4年)11月に雑誌『帝国文学』発表  平安時代、天変地異がうち続き、衰退した都で、一人の下人が途方にくれる。 […]

  • 2024年3月2日

【天地静大(最終話!) 第十七回 二十二話、静かなる山河】山本周五郎の傑作長編〜毎週土曜夜八時〜  朗読時代小説  読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

1959年(昭和34年)12月24日~翌年10月31日 『北海道新聞、中日新聞、神港新聞に連載』  「樅の木は残った」が、毎日出版文化賞を受賞(辞退)。演劇化、映画化、テレビドラマ化がつづき、TBSの「山本周五郎アワー」が人気を博します。脂ののった5 […]

  • 2024年2月28日

【朗読】黒門町伝七捕物百話  四、岡田八千代「蔵座敷」  ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

  テレビドラマ、伝七捕物帳原作  捕物作家クラブに参加する作家によって、合同企画「黒門町の傳七捕物帳」は生まれました。『京都新聞』に連載されたシリーズで、野村胡堂をはじめ、著作権のきれているもののみ、読んでまいります。   私の読んだ全八 […]

  • 2024年2月24日
  • 2024年2月24日

『睡眠作業用』【朗読時代小説】山本周五郎/「しぐれ傘」 ナレーター七味春五郎  発行元丸竹書房

    ■あらすじ 1940年(昭和15年)1月 『講談雑誌』  職人かたぎの小説家だった山本周五郎の気骨のつまった作品です。 ■登場人物 宗七……木彫職人。自分の仕事に行き詰まりを感じ、親方から依頼の木彫りを断り勘当同然となる。 […]

  • 2024年2月22日

文豪の描く辰巳芸者の心粋【朗読】吉川英治AudioBook『春の雁』  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房 #忠臣蔵

  ■あらすじ 骨董の商いで、上方から江戸のとくいをまわる、旅商人の清吉。深川の芸者・秀八にいれこんで、大金を渡してしまう。 ■登場人物 清吉……長崎からながれてきた旅の商人 秀八……人気芸者だったが、とあることがきっかけで、困窮している。 […]

  • 2024年2月19日

【朗読】山本周五郎アワー『美少女一番乗り』  ナレーター七味春五郎  発行元丸竹書房

■あらすじ 1938年(昭和13年)4月 『少女倶楽部増刊号』 山本周五郎35才。毎月二、三の短編を発表。馬込の中心にいた尾崎士郎が中国戦線に去り(前年から日中戦争勃発)国家総動員令が施行されるなかで、「机にこびりついて、原稿を書いていた」。大衆娯楽 […]

  • 2024年2月13日

【朗読】黒門町伝七捕物百話  二、野村胡堂「小判の賽銭」  ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

  テレビドラマ、伝七捕物帳原作  捕物作家クラブに参加する作家によって、合同企画「黒門町の傳七捕物帳」は生まれました。『京都新聞』に連載されたシリーズで、野村胡堂をはじめ、著作権のきれているもののみ、読んでまいります。 ※この作品は、メン […]

  • 2024年2月13日

【朗読】銭形平次捕物控『八五郎の恋』野村胡堂作 字幕付き  ※毎週日曜夜八時配信!    ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

  『八五郎の恋』は、 昭和十三年 オール読物六月号掲載作品。シリーズとしては、七十七作目に当たります。 野村胡堂の述懐では、【容易に罪人をつくらないこと、町人に愛情を持っていること、侍や遊び人を徹底的にやっつけること、明るくて健康的である […]