新撰組八犬伝の世界

新撰組八犬伝、堂々開幕!

こんなお話新撰組八犬伝の連載がはじまりました。著作はもちろん、七味春五郎。一人しかいませんね(^_^)さて、今回の主人公は、奥村仁右衛門という御家人さんです。若い頃から、試衛館に出入りして、沖田あたりと切磋琢磨していましたが(年は仁右衛門が一つ上)、運命は若者たちの行き先を皮肉に翻弄していきます。

そして、幕末もいよいよどんづまり。舞台は、上野、寛永寺! よりはじまります。 薩長の敵弾に倒れ、気絶していた仁右衛門は、過去の夢を見る。それは近藤勇の処刑、であった―― 新撰組と八犬伝の世界を大胆にからめた夢の物語がついに開幕です! こちらはWEB連載になっております。どうぞ末永くお付き合いくださいませ……
Point新撰組八犬伝……上野寛永寺で目を覚ました奥村仁右衛門は、植木屋に残してきた沖田のことを思い出す。彼は総司に、近藤の死を告げずに、上野戦争に参加したのだ。数発の銃弾を受け、自らも死に瀕しながら、悔恨に沈む仁右衛門。

だが、彼は篠突く雨のなか、赤子の泣き声を耳にする……七味春五郎の新作をWebにて連載中!

新撰組八犬伝の登場人物

 

八犬士側

奥村仁右衛門

こんな人本編の主人公。二十八才。御徒士町に生まれ、奥村家を継いでいる。 直新影流の免許皆伝。近藤の試衛館に参加し、沖田らとともに腕をみがいた。御家人のため、浪士組には参加せず。 時代の変遷とともに、に組み込まれ、後、伝習隊に所属。士官として部隊を指揮した。長州征討、鳥羽伏見の戦いと、幕末の戦いに参加しつづけるが、ほとんど負け戦であった。新撰組の面々とは、京都で旧交をあたためあう。 江戸に戻ってのちは、伝習隊を脱し、甲陽鎮撫隊に参加。師匠筋であった近藤の処刑を目撃することになる。
関連記事

新選組八犬伝の主人公、奥村仁右衛門は、徳川幕府御家人、御徒組の侍ということになっています。幕末の時点では、洋式部隊に組み込まれ、幕末の戦争を戦っています。物語は、上野戦争から始まるので、この時点では、幕府はなくなっているのですが。 […]

新撰組八犬伝
関連記事

どうも。サイト編集人のゴンです。 新撰組八犬伝もお話が進んでいるようですが、今回は、仁右衛門の家業であった御徒士について、調べて参りました。 御徒士組  新選組八犬伝の主人公、奥村仁右衛門は、御徒士の家柄です。  譜代(ふだい)、二[…]

ちゅ大法師

こんな人八犬士を助ける法師。百の子玉をもつ、法力僧。何千年も生きている?

伏姫

こんな人八犬士を見守り日本を守る巫女。代々生まれ変わってきた。本編の女の子は、伏姫の器。

八房

こんな人八犬士と伏姫をまもる霊犬。

犬江新兵衛

こんな人仁の珠の犬士。大石との戦いで命を落とす。

新撰組

近藤勇

こんな人新撰組局長。板橋にて処刑されるが…… 義の珠の犬士。
関連記事

新選組八犬伝。冒頭から、近藤勇がなくなります。この板橋での、処刑については、史実です。 近藤が捕縛された状況については諸説ありますが、 大久保大和と名乗り、それを御陵衛士の残党に看過されたのは、事実のようですね。 近藤勇の死没は、慶応[…]

kon
関連記事

新選組八犬伝、冒頭で、近藤は処刑されます。投降したのは、流山ですが、処刑は板橋。この間、何があったのか? 慶応四年四月一日、流山に、到着した近藤勇は、味噌屋の長岡屋を本陣として、さっそく軍事調練を開始します。 この動きを察知され、三日早[…]

tera

沖田総司

こんな人新撰組一番隊組長。勇の珠の持ち主であったが、これを奪われたことで、病状が進行。現在は植木屋に潜伏。
関連記事

江戸での沖田総司は、千駄ヶ谷の植木屋平五郎宅で療養していたそうです。両親を幼くして亡くし、母親代わりとなって育ててくれた姉ミツも、夫林太郎とともに、庄内藩に去った後です。史実では、総司を看取った家族はいなかったようです。 新撰組八犬伝では[…]

sh

土方歳三

こんな人新撰組副長。近藤の死を見届けたあと、沖田の勇の珠を取り戻すため、江戸を離れる。

大石鍬次郎

こんな人新撰組監察。
関連記事

第一輯にして、大石鍬次郎の登場です。 父親は、大石捨次郎。一橋家家臣。 事情(女性問題とも)により、生家を飛び出した大石は、日野の大工、鈴木亀吉という棟梁さんについていました。 そのとき、佐藤彦五郎の屋敷の普請に関わった縁[…]

新撰組八犬伝の世界

そのほか

輪王寺宮

こんな人寛永寺門跡。天皇家の血筋。東征軍に対抗するため、西の天皇としてまつり上げられる。
関連記事

北白川宮能久親王 が、そろそろ物語に関わってきますが、 輪王寺宮が天皇として擁立されるという噂 は、上野戦争の頃から流れていました。 実際に画策する者はあったらしく、 江戸脱出を助けた榎本武揚も、南北朝の頃[…]

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG