tera

新選組八犬伝、冒頭で、近藤は処刑されます。投降したのは、流山ですが、処刑は板橋。この間、何があったのか?

慶応四年四月一日、流山に、到着した近藤勇は、味噌屋の長岡屋を本陣として、さっそく軍事調練を開始します。

この動きを察知され、三日早朝には、香川敬三率いる東山道軍に包囲されます

このとき、隊士らは調練に出立しており、長岡屋には、近藤勇 土方の他、数名しかいませんでした。

もともと、近藤らは、甲陽鎮撫隊。脱走兵や一揆の鎮撫を目的に結成された部隊です。

土方は、官軍への敵意がないことを説明しますが、武器の供出を命じられます。

近藤勇は、切腹を覚悟しますが、土方は鎮撫隊であることを訴え続けるよう説得します。
近藤は、慶喜より賜った大久保大和として投降し、新選組は、解散します。
土方は、江戸に潜入し四日には、勝海舟、大久保一翁と面談。近藤を救うための一書を得ようとします。

投降したのは、大久保大和で間違いないとの、墨付きの一書です。これは、板橋総督府に届けられました。
土方は、この一書が近藤を救うに違いないと信じ、旧幕府軍とともに、東北戦線を戦います。

一方、投降した近藤勇は、京都で近藤を知る彦根兵渡部九郎左衛門に正体を見破られます。
四日、板橋総督府に連行された近藤をさらなる不幸がおそいました。元新選組隊士、加納と清原が、薩摩軍に加わっていたからです。加納らは、間違いなく近藤であると、証言します。ここに近藤勇の命運はつきました

土方歳三が、宇都宮で重傷を負った頃、近藤もまた板橋にて処刑となりました。土方が近藤の処刑を知ったのは、会津にいたって後のことでした。
近藤が生きていると信じていた土方。ともにもらった、内藤という姓も、処刑を知って以降は二度と名乗らなかったと言います。

ちなみに、隼人、の名ですが、土方家に代々伝わっていた物ですね。家督をついだ次兄の喜六はこの名をついでいます。(長男の為次郎は盲目であったため、継がず)
幕臣となり、前将軍から近藤とともに、名前を賜ったときは、天に昇るほどの心地だったことでしょうが。

それだけに、切ない!

そんな歳さんですが、新撰組八犬伝では大活躍してもらう予定です。
今は、沖田の勇の珠を取り戻すため、江戸を離れておりますが。
今後、どうなるかは。
わたしも知りません。

0

tera
最新情報をチェックしよう!

新撰組八犬伝の世界の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG