昭和も使えた寛永通宝

寛永通宝は、一文銭と四文銭がありました

230年間に400億枚が作られたとも言われます

幕末に鋳造は終わりましたが、明治になっても寛永通宝は使えたのです

明治四年に、寛永一文銭は、1厘として使用できることになったからです

明治政府は、1厘銭をあまり発行せず、ために寛永通宝が、流通することになりました

その後、一円未満の通貨は、取引がなくなり、昭和二十八年に、少額の通貨は、法律上使用できなくなりました

0

最新情報をチェックしよう!

江戸三昧の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG