徳川家康

徳川将軍のお食事会

徳川将軍は、何を食べ、どんなくそをしていたのかーー?

どんなくそをしていたのかは、わかりません。

将軍の生活は、機密事項で、あまり記録には残されていないからです。

ただ、明治になって書かれた旧幕臣たちによる聞き書き「千代田大奥」には、こんな放し飼い載っています。

まず、朝食。

〇一の膳
 汁とご飯。向こう付け(刺身、酢の物)、平(煮物)

〇二の膳
 吸い物・焼き物(きすのしおやき、付け焼き)

 このうち、好きなものをお目仕上がったそうで。

 上は、十二代将軍家慶のもので、他の連中はと思ったが、徳川慶喜なんて将軍としては、江戸の地は踏まなかったんじゃねえか、と思われるし、なんだかアワレを感じますな。

まあ、いいとして

この将軍の食事のためだけに、千代田城には、食事係として、およそ、八百から千四百人ほどが詰めていたそうです。赤字が膨らむわけだーー

御前奉行の毒味はもちろん、小姓が最後の毒味も行ったそうで、他人の箸のついたものは、食べられない! なんて、言ってられない。将軍って、シェアする人だったんですね。

将軍や御台所(奥様)の食事を担当する人は、御前所台所人と呼ばれたそうですね〜〜しぶいぜ

0

徳川家康
最新情報をチェックしよう!

江戸三昧の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG