天照大神の事情

 最高神は、最初の神様である伊弉諾尊であるように思いますが、日本では太陽の神であるアマテラスが最高神となっています。この神様の序列は最初からあったものではなく、後世に定められました。

 日本神話は古事記という形でまとめられたわけですが、それ以前にも日本各地に「土着神話」は存在していました。出雲で最も尊い神とされていたのは、「オオクニヌシ」

 大和朝廷が祀っていたのも土着の大物主神でしたが、地方との差違をつけるために、太陽神のアマテラスを自分たちの祖先とし、最高神に定めました。天つ神と国つ神では、天つ神が偉い。高天原の神々も、序列がなされ、朝廷の有力貴族は神格の高い神様を祀るようになります。

 本来は、八百万の神々に貴賎はなく、等しく尊い存在なのです。

 太陽神が女神であるのは珍しいことでありまして、よその国の太陽神はほとんどが男神、となっております。伊勢神宮内宮に祀られています。農耕において、太陽は恵みをもたらす物。

 天照大神は、八百万の神々のリーダーとなりましたが、キリスト教における創造神ではなく、全知全能の力も持っていません。

 最高神なのに、他の神々を圧倒しているわけではない。

 これも神道のおおきな特徴といえますね。

 

大日本天皇家実情に戻る

3+

最新情報をチェックしよう!

神話と天皇の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG