大江戸 ふんどし事情

江戸の褌は高級品でした。銭湯でも、まず盗まれるのはふんどしから。価格は、六千円ほどだったそうで、着流しの下は、何もつけない。農家の人が多かったそうです。そんな人たちでも遊郭に行く時だけは、レンタルしてでもふんどしを締めます。つけてないと遊女に笑われてしまうそうです。

ちなみにレンタルしたふんどしを、洗ってくれるサービスもありました。

女性は遊郭には行きませんから基本ノーパンだったそうです。いい時代ですね。

下着の方が高いなんて、今とは逆ですが、着物だって貴重です。三枚か、四枚もつのがせいぜいで、親から譲られたもの、あるいは古着です。だから、大事に着てます。

袖は下ろさずたすきをかけて。尻っ端折りも、裾を守るためでした。

着物でも褌でも欠かせないのが、損料屋です。損料は、賃貸料のこと。

着物だけでなく、鍋や掛け軸なども貸してくれました。

なにを買い集めようが、火事で燃えたら水のあわ。

江戸のレンタルは、とにかくはやりました。

rokushaku-dojyo.sakura.ne.jp/ukiyoe.html

今ふんどしがはやっているそうですね。

0

最新情報をチェックしよう!

江戸三昧の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG