元寇今昔

学生時代にならった元寇には、蒙古襲来絵巻、なる物が載っていました

主役は、肥後の御家人竹崎季長

馬上の季長が、三人の蒙古人を相手に奮戦してます

蒙古兵より射放たれたる幾本もの弓矢

季長の側近くではてつはうが炸裂し、勇壮な絵巻物です

ところが、現在では教科書から、消えつつあるらしい

なぜか?

この絵巻、江戸期に修復されたらしく、原紙を台紙に貼り付けてあるのですが、継ぎ目が四センチもズレていた!

継ぎ目には、真ん中の人物が立っているのですが、原紙のズレにもかかわらず、人物にはズレがないのです

真ん中の兵士は、修復後の書き込みに間違いない

さらにほかの二人の兵士と、同じ塗料が使われており、三人とも加筆らしく、江戸期の改竄が、あちこちにあるそうです

もったいない話ですが、そんな理由もあって、教科書から消えつつあるんですね

0

最新情報をチェックしよう!

ザ・戦国の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG