はじめての切腹!

  • 2020年6月15日
  • 歴史
  • 72view
  • 0件

ハラキリ!

日本と言えば侍! 侍といえば切腹!

日本と言えば、切腹なのか? それはよくわかりませんが、ただ文献として記録に残る中で、日ノ本で最初にはらを切った人は、侍ではないのです。

もっともはやく腹を切った男

時代は988年 平安時代になります。記録にのこるその官人は、藤原保輔

なにをかくそうこの男、貴族でありながら、盗賊でもありました! 夜な夜なの盗みが発覚し、現場で捕縛。保輔は、自ら腹を切って自殺を図ったのです。

もちろん介錯などありませんから死にきれず、保輔は翌日獄中にて死亡。ただし、これを切腹といえるかというと微妙ですね。切腹が名誉ある死に格上げとなったのは、戦国時代のこと。保輔のは、勝手な自殺、と称してよいでしょう。

1+

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG