ねじまげ物語の冒険 第二巻

 ロビンフッドの世界を切り抜けた洋一たちは、生まれ育った洋館に戻ってきた。だが、そこには宿敵ウィンディゴのワナが待ち受けていて―― 
 次の物語の舞台は、自作小説!?洋一は自分で書いた小説の中に取り込まれてしまう。男爵と奥村は本の外。おまけに頼りの太助はハツカネズミになってしまい、彼自身の身体にも、異変が起こっていた――
 少年たちが本の世界を旅するジュブナイル小説の決定版、連載開始です!

はじめに――その少年について

 以前――
 ずいぶん昔の話になるが。
 牧村洋一少年に関するお話は、つらつら述べたことと思う。そのお話は、ちょいと奇怪で、少しく奇抜で、だから終わりまでお付き合いしていただけたか、心許なく思っている。
 いや、やっかい至極。
 そのお話が、そんなふうに奇妙であったのは、洋一少年のおかれた状況によるものだが、少年たちに関するお話は、あれで終わったわけではない。なるほどエンドマークの鐘こそ鳴ったが、洋一少年にかかる苦難は、あの事柄が最後だったわけではないし、むしろあれからの方が、大変であったのだ。

 さて、くだんの少年は、小学四年生で、体格も普通なら、容姿も並、別段とりたてたところのない、普通の少年だった。住んでいるところは古い古い洋館で、そいつを私立図書館にしたてなおしている。
 が、両親はいない。殺されてしまった。
 自分の親のことを、普通だと思っていた。それまで普通に暮らしていたし、自分自身が、取り柄も特徴もない、普通の少年であったのだから、当然だ。
 だけど、中間世界からやってきたという、ほらふき男爵と侍の親子が、彼のすべてを変えてしまった。
 彼に関わる秘密を、話してしまったのだ。
 彼の両親が、本の世界を守ってきた古い古い一族の生き残りで、伝説の書という、これも奇怪な本を守ってきたこと。その本を狙う凶悪な敵がいて、二人はその人物に殺されてしまったこと――
 洋一はその敵――ウィンディゴの力を削ぐために、本の世界に乗り込んだ。その仇は、本の筋書きを悪い方に変えて、自らの力に変えていたからだ。
 洋一が宿敵の目的を阻止するべく、選んだ本は、かの「ロビンフッドの冒険」だった――

 平凡な少年が、いかにして物語の主人公となりえたのかは、すでに述べた。
 洋一は奥村少年と協力して、数々の危機を脱しはした。ロビンの命も救ったし、物語も正しい方向へと導いた。ロビンたち森の仲間が勝利して、本の善は守られたのだ。
 だが――
 洋一少年は、目的の一端を果たしたけれど、真の目的となると、どうだろう?
 宿敵との決着はまるでついていない。洋一は、それからもウィンディゴに狙われ続けたのだし、狂った物語は、ごまんとあったのだ。
 いや、くどくどと申し訳ない。語り残したお話がたんとあるのは、わたしの不徳と致すところ。
 物語の幕は、開かなければならない。
 あれよりも奇怪面妖なお話になってしまうことは、もうしわけないが。

第一部 果てしない物語のちょっとした開幕

第一章 牧村洋一、自作に入る

   その一 再び、物語の中へ

 

    1

 ぐるり、ぐるり。ぐるり、ぐるり。
 果てしない闇を、真っ逆さまに落ちていく。
 牧村洋一は、この感じは、味わったことがある――
 と、考えた。そう、本の世界に入ったときだ。あのときも、こんな感じだったのだ。
 先ほどまでは、真っ白な世界を飛び跳ねていたというのに、エンドマークの鐘の音が終わった瞬間、地面は、テーブルクロス引きをくらったみたいに一瞬で消えて、洋一の体は、闇の中に放り出されしまった。
 そのまま、下へ、下へと。落ちるごとに、彼の体は縦へと伸びて、やがて、らせんを描き始めたかと思うと、まるで嵐の中に飛び込んだ気球みたいに、四方八方に吹き飛びはじめた。
 その間も、落下の感覚はあった。濃い闇が、一瞬のうちに光で満ちた。ドスンという音とともに、固い地面を感じるようになった。
 うめきながら、手をついた。
 手の下には、赤い絨毯があった。
 洋一は、うつぶせに倒れた体を起こした。その周囲では、彼の仲間たち――ミュンヒハウゼン、奥村真幸、そして、奥村太助が――同じように、身を起こしていたことだった。

     2

 洋一は、太助と目を合わせて、ほっと笑みをかわしあった。そこは、ロビンの世界に入る前にいた、父親の書斎だ。あのとき、カーテンの向こうは闇だったが、今では朝の光が、キラキラとさしこんでいる。
 戻ってきた、と思うと、洋一はうれしくてたまらない。それは、彼らの勝利にほかならないからだ。
 男爵は、ソファの上で、だらしなく手足を投げ出していたが、のっそりと立ち上がると、四人の中央に落ちていた、『ロビン・フッドの冒険』を拾いあげた。
「愉快な冒険じゃと?」男爵はふんと鼻を鳴らし、「ちょいとばかり、手こずったわい」
 と言って、立派なカイゼル髭の端を、得意げにこすった。
 太助の父親が、左腰の両刀を指し直すと、洋一を助け起こす。
「二人ともよくやった」
 そうして立ち上がり、部屋を見回すと、洋一の胸にも、ようやく誇らしい感情が沸き起こってきたのだった。
 冒険は終わったのだ。とりあえず。

     3

「なにはともあれ」
 と男爵は言った。
「あ、あ、オホン」
 と、わざとらしく指をつきたて、
「これで、ウィンディゴには一矢報いたわけだな。ロビンの物語は、正しい終わりを迎えたわけだし」
「ウィンディゴはどうなったのかな」洋一が聞いた。
「奴はもう、ロビンの世界に手はだせん」と男爵が言う。
「でも、あいつはいなくなったわけじゃない。次の手をうたないと」
 太助が眉をしかめて言うと、父親がその肩をやさしくたたいた。
「その通りだな。だが、まずは腹ごしらえを済ませるとしよう」

     4

 男爵と奥村が出て行くと、書斎には、洋一と太助だけが残された。
 二人の守護者が、扉を開けて出て行く瞬間、洋館の奥からは、狂った物語の騒ぐ声が聞こえたけれど、それは、あの晩の一幕に比べれば、ずっと小さなものとなっていた。
 洋一はソファをまわり、男爵がローテーブルに置いていった、『ロビン・フッドの冒険』を手に取った。その古めかしい、赤い表紙の書物は、確かに強い力を持っているらしい。数々の冒険を終えた直後だというのに、いまだ、熱気を放っている。
「ジョンたちはどうなったかな」
 と洋一は訊ねた。
「わからないな」太助が真面目な顔で答える。「けれど、ロビンとアーサー王の世界が混じり合ったぐらいだから、また会う機会があるかもしれない」
 洋一は吐息をつきながら、テーブルに本を置いた。頭の整理をつけるには、あまりも多くのことが起こりすぎていた。
「今はいつなんだろう?」時計を見る。「ぼくら、ずいぶん本の中にいたろ? 外の世界でも、おんなじぐらいに時間がたったのかな?」
 二つの世界での時間の流れについて話し合ったが、答えのない話だった。
 太助がいった。「こっちの世界で時間が流れていたんなら、養護院の連中は、とっくに君を探しに来てる」
「それか、団野院長は、誰にも言わなかったのかも」
「君は行方不明にされているかもしれないぞ。ここに戻ったことは、誰にも知らせていないんだし――」
 太助の声を聞いてはいた。が、洋一の頭には、ちっとも入っていなかった。気になっていたのは、ずっと別のことだ。
 父の書斎に、違和感がある――
 それは、書斎というにはもったいないほど大きい。二十畳ほどもある部屋の壁面は、あますことなく本と棚に覆われている。南面はバルコニーに面していたので巨大な掃出しになっていた。私立図書館の書斎として、全く名に恥じないものだった。
 違和感――といっても、そこは彼の部屋ではない。が、小説の執筆では、ずっと利用していた。ここ一年は、入り浸っていたと言っていいだろう。
 洋一は、一編の物語を、三冊のノートに書き上げた。それは稚拙で穴の多いものではあったけれど、恭一(父親)とともに完成を喜び合ったものだった。
 二人は新作に関するアイディアを出し合っていたところだった。父親がその物語を読む機会は、永久に失われたわけだが。
 洋一は、ふいに心にきざしたうら寂しさに、幼い胸を痛めながら、巨大な(といっていいだろう。小柄な体格を考慮しても)書斎机をまわりこんでいった。
 あのとき――ロビン・フッドの物語に乗り込んだ、まさにあの夜。この部屋には結界が張られていたので、ウィンディゴは窓の外で吠え立てたが、入ってくることはできなかった。
 以来、部屋は、無人であったはずである。
 洋一は、違和感の謎をとくべく、マホガニーの分厚いテーブルと座椅子に手を添えた。
 装飾をほどこしたいくつもの引き出し。机の上には、本やノート、筆記用具が置かれている。それらは、きちんと整理整頓されている。あるべき位置に。それらは、ただ置かれているわけではない。クラウチングスタイルで号令を待っている、百メートル決勝のランナーみたいだ。戦闘配置についた軍隊みたいに。所定の位置についている感覚。
 それらは、所有者の生前の性格を正しく表していたが、たった一つ。ずれている物があった。年代物の、椅子。
 一人かけの、チェスターフィールドソファだけが、所定の位置からずれている。
 恭一は、書斎を離れるときは、必ず仕舞った。だから、本革の巻かれた肘かけは、机の下にもぐりこんでいるべきだった。
 洋一が、その不自然に傾いた椅子の背もたれに手をかけたとき、思っていたのは、ぼくが完結させた小説を、父さんはどこにしまい込んだんだろう、ということだった。
 太助は、洋一の異変に気がついていた――が、黙って彼の様子を見つめていた。けれど、洋一がその椅子の背もたれを引いて、はっと息をのんだときには、彼の元へと急ぎ駆け走っていた。
「どうした、洋一?」
 洋一は、彼の方を見ようともせず、椅子の座面を指さした。そこには、大学ノートが無造作に置かれている。表紙には、黒のマジックの太い方で、デカデカとこう書かれている。
『ナーシェルと不思議な仲間たち』

     5

 洋一は、その物語を、分厚い大学ノートに書いた。恭一は古いワープロを与えようと考えていたのだが、息子はアイディア帳として与えたノートに、いきなり物語を書き始めてしまったため、ワードプロセッサを与えることはあきらめた。考えてみると、洋一はキーを打ったことすらないし、物語を書くには勢いがいる。やがてはパソコンを使いこなすだろうが、最初はこれでよかろう、と、恭一は納得したのである。
 洋一は、そのノートが、最初からそこに置かれていたのかを考えた。
 恭一の性格を考えると、それはありえない。もし読み返していたんだとしても、こんなふうに置くことはない、と思った。
 太助がすぐに察して、君が書いた本か、と訊いてきた。
 洋一はうなずきながら、
「でも、父さんが置いたんじゃないと思う。このノートは、ぼくのだけど」
「この部屋には、結界が張られている。なのに、入ってきた者が?」
 二人は顔を見合わせる。それから、どちらともなく、扉の方をみた。
 男爵たちの、物音はしない。
 戻ってくる、気配もない。
 洋一は、椅子の背を引いて、座面に乗ったノートが、よく見えるようにした。
 そうしていると、そのノートは、なんだか禍々しい物に見えた。まるで、伝説の書と、同列の存在みたいに。
 二人はバルコニーに目を向けたけど、そこにウィンディゴの姿はない。鍵も、閉まっていた。
 洋一は、ノートを前にして、手を伸ばすのを躊躇した。ふと、伝説の書のことが気になって、懐に手をやる。赤本の、固く分厚く、頼もしい感触はまだあった。
 太助がそんな洋一の様子を見て、咎めるように、彼の肩に手を置いた。
「ウィンディゴの罠ではないのか? 男爵たちが戻ってくるまで、手を出すのはよした方がいい」
 洋一が振り向いて、頷こうとした、そのときだった。
 ノートが、一人でにバラバラと開き、中から風と光が、猛然と吹き上がった。
 二人の少年は、たじろいだ。
 ノートからは、洋一の書いた文字が、螺旋を描いて立ち上ってきたからだ。
「や、やめろ!」
 洋一が、突然腹痛を起こしたみたいに、おなかを抱えた。伝説の書が、ノートの動きに呼応して、シャツの下で、七転八倒をはじめたからだ。
 無数の文字が、天井めがけて舞い上がる。すると、その文字の雲からは、彼の産み出した無数の声が降ってきた。洋一にとっては、聞きなじみのある声――ナーシェルや、ミッチやネッチ、ふうせん男爵たちの声だった。
 ノートは、今や、部屋に嵐を巻き起こしていた。書斎のあちこちで、洋一が思い描き、ノートに込め続けたシーンの数々が空に浮かび、浮かんでは千々に細切れて乱れ飛ぶ。
 太助が、腹を抱える洋一の背に被さる。壁中を埋め尽くす書物の数々が、ノートに呼応して飛び交いはじめたからだ。
 書斎の中は本物の嵐となり、豪雨が舞い、稲光がゴオゴオと、雲を裂いて落ちてきた。床は、たちまち水浸しになって、子供たちの膝元まで上がってくる。
「ウィンディゴだな!」
 太助が、洋一の肩に手を突いて、前に出ようとした。今にも刀を抜きはなって、切りつけんばかりの勢いだ。
 洋一が、太助の姿を見ようと顔を上げたそのときだ。
 天井付近で、大空を巡るジェット機のごとく飛び回っていた文字の大群が、巨大な手を形どり舞い落ちてきた。その巨大な腕は、二人の子供たちの胴体をまとめてつかむと、再び急上昇して、本の渦巻く天井へと舞い上がった。
 もはや――
 もはやそこに、天井はなかった。
 洋一と太助は、嵐の中を、天高くのぼっていった。耳の中には、キーンという音が、高く聞こえた。
 やがて、その文字でできた巨人の腕は、勢いをなくして加速を止めた。かと思うと、地上目掛けて、頭から急降下をしていった。
 洋一と太助が、腕に連れられて大学ノートに飛びこんだ時には、嵐は収まり雲は消え、床を満たす洪水は撤収し、部屋中を特攻隊よろしく飛び交っていた本たちは、突如紐を切られた操り人形のごとく、絨毯目掛けて、バラバラと落ちていった。
 騒ぎを聞き付けた男爵と奥村が駆けつけたときには、二人の子供たちの姿は、どこにもなかったのである。

 

     6

 二人の守護者が子供たちの姿を求めて部屋を駆けずるその間、チェスターフィールドソファの上に乗った大学ノートは、ひっそりとページを閉じて、傲慢な美食家よろしく派手なゲップを漏らしていた。
 子供二人を飲み込んで、重みを増したノートは、シートにズシリと沈みこんだ。
 後は、なんの物音も、たてなかったのである。

 

 その二 最初の苦難について

     1

「うわあああああああああ!」

 自分の悲鳴が、いつ果てるともなく続くのだと思った。

 その声は自らが発していると言うのに、遠ざかり木霊になり、かと思うと、耳元を行き過ぎる戦闘機の爆音のようでもあった。その音が行き過ぎる時は、ジェット気流が彼の皮膚をめちゃくちゃに引き伸ばしたし、その体を回転させて、出来損ないの独楽のようにした。洋一が、もう耐えられない! もう殺してくれ! と喚いた時には、その幼い意識は、山頂の空気のように希薄になっていた。

 というわけで――洋一がどこともしれない固い地面に身を横たえたときも意識喪失寸前で、自分にどんな危険が差し迫っているのかも、全くわかっていなかったのだ。

縦書きページはこちら!

3+

最新情報をチェックしよう!

ねじまげシリーズの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG