ねじまげ物語の冒険 2

ねじまげ物語の冒険 第二巻

 ロビンフッドの世界を切り抜けた洋一たちは、生まれ育った洋館に戻ってきた。だが、そこには宿敵ウィンディゴのワナが待ち受けていて―― 
 次の物語の舞台は、自作小説!?洋一は自分で書いた小説の中に取り込まれてしまう。男爵と奥村は本の外。おまけに頼りの太助はハツカネズミになってしまい、彼自身の身体にも、異変が起こっていた――
 少年たちが本の世界を旅するジュブナイル小説の決定版、連載開始です!

はじめに――その少年について

 以前――
 ずいぶん昔の話になるが。
 牧村洋一少年に関するお話は、つらつら述べたことと思う。そのお話は、ちょいと奇怪で、少しく奇抜で、だから終わりまでお付き合いしていただけたか、心許なく思っている。
 いや、やっかい至極。
 そのお話が、そんなふうに奇妙であったのは、洋一少年のおかれた状況によるものだが、少年たちに関するお話は、あれで終わったわけではない。なるほどエンドマークの鐘こそ鳴ったが、洋一少年にかかる苦難は、あの事柄が最後だったわけではないし、むしろあれからの方が、大変であったのだ。

 さて、くだんの少年は、小学四年生で、体格も普通なら、容姿も並、別段とりたてたところのない、普通の少年だった。住んでいるところは古い古い洋館で、そいつを私立図書館にしたてなおしている。
 が、両親はいない。殺されてしまった。
 自分の親のことを、普通だと思っていた。それまで普通に暮らしていたし、自分自身が、取り柄も特徴もない、普通の少年であったのだから、当然だ。
 だけど、中間世界からやってきたという、ほらふき男爵と侍の親子が、彼のすべてを変えてしまった。
 彼に関わる秘密を、話してしまったのだ。
 彼の両親が、本の世界を守ってきた古い古い一族の生き残りで、伝説の書という、これも奇怪な本を守ってきたこと。その本を狙う凶悪な敵がいて、二人はその人物に殺されてしまったこと――
 洋一はその敵――ウィンディゴの力を削ぐために、本の世界に乗り込んだ。その仇は、本の筋書きを悪い方に変えて、自らの力に変えていたからだ。
 洋一が宿敵の目的を阻止するべく、選んだ本は、かの「ロビンフッドの冒険」だった――

 平凡な少年が、いかにして物語の主人公となりえたのかは、すでに述べた。
 洋一は奥村少年と協力して、数々の危機を脱しはした。ロビンの命も救ったし、物語も正しい方向へと導いた。ロビンたち森の仲間が勝利して、本の善は守られたのだ。
 だが――
 洋一少年は、目的の一端を果たしたけれど、真の目的となると、どうだろう?
 宿敵との決着はまるでついていない。洋一は、それからもウィンディゴに狙われ続けたのだし、狂った物語は、ごまんとあったのだ。
 いや、くどくどと申し訳ない。語り残したお話がたんとあるのは、わたしの不徳と致すところ。
 物語の幕は、開かなければならない。
 あれよりも奇怪面妖なお話になってしまうことは、もうしわけないが。

4+

ねじまげ物語の冒険 2
最新情報をチェックしよう!

ねじまげシリーズの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG