鉛玉の行方

種子島以来、大量の鉄砲を製造した戦国日本ですが、鉄砲玉は、それ以上に必要だったはず

国内だけでは、鉛が足りず、遠くメコン川流域からも輸入していました

信長も秀吉も、鉛の確保には苦労したのかもしれませんね

0

最新情報をチェックしよう!

ザ・戦国の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG