沙悟浄さんは、河童の妖怪

けれど河童は日本の妖怪であり、原作の中国では、登場しません

沙悟浄は、天界の役人だったのですが、天帝の宝を壊したために追放されてしまうのです

沙悟浄は、流沙河にたどり着き、旅人を食らう妖怪にまで身を落とします

あるとき旅人を襲うと、その正体は、観音菩薩一行で、沙悟浄は、何とか許しを請い、沙悟浄という法名をこのときもらいます

のちに流沙河を通りがかるのが三蔵法師一行

沙悟浄は、玄奘一味に加わって、遠く日本では、河童のだよ、とされてしまいます

河にいた妖怪だから、まあいいですけど

講釈西遊記

0

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG