江戸の裏長屋はあんなにせまくてなぜ平気だったのか?

長屋は狭い

三坪ほどの長屋が一般的でしたから、欧米人があんな環境でなぜ我慢したのかと不思議がるのも無理はない

ですが、江戸っ子たちは、町単位で生活していました

お風呂は銭湯、銭湯の二階は解放されていて、そこでおしゃべりをしたりしてくつろぐ、後は神社の境内で涼んだり

バスルームやリビングは、町にあって、長屋は寝室

部屋にいたって、プライベートを言い出す人も環境もありません

着の身着のままのその日暮らしが江戸庶民の姿です

介護も育児も町ぐるみで行って、親のいない子は町で面倒を見ます

大家とみれば親とも思えといいますが、長屋の衆が家族みたいなものだったのかもしれませんね

0

最新情報をチェックしよう!

江戸三昧の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG