傑作すぎるので、再録しました。ごめんなさい。『ちいさこべ(再録)』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

 

大火事で両親らをなくした茂次は、大留をたてなおすために奮闘をはじめる。母をなくし、行き場をなくした幼なじみおりつを雇うが、彼女は火事で焼け出された子供たちを集めて、大留で養おうといいだす。
 ぶっきらぼうだが、人情には厚い。若き大工の苦闘を描いた山本周五郎魂の傑作。

 

■登場人物紹介
茂 次……大工の若棟梁。火事で両親を亡くす。大留の再建にかかるが。
おりつ……茂次の幼なじみ。火事でうまれた孤児の面倒をみる。

留 造……茂次の父。
おろく……助二郎の女房。
伊 吉……「大伊」の主人。留造の弟分。
兼 六……留造の弟子筋の古参大工。
大 六……「大留」の大工。
正 吉……「大留」の大工。
九郎助……「大留」の大工。通称くろ
助二郎……「大留」の帳場を預かる。
松 三……「大留」の大工。
巳之八……「大留」の大工。
藤 造……「大留」の大工。

久兵衛……質両替商「福田屋」の主人。
利 吉……久兵衛の長男。茂次の友人。
おゆう……久兵衛の妹。
七兵衛……木場「利七」の主人。
おいく……おりつの母。
平 六……おりつの父。左官。
勘 助……町内のかしら。
中島市蔵……町方同心。
菊 二……孤児。
六  ……孤児。
重 吉……孤児。
又  ……孤児。
梅  ……孤児。
伝 次……孤児。
市  ……孤児。
あ つ……孤児。
富  ……孤児。
広 冶……孤児。
伊助……「福田屋」の番頭。
徳二郎……八百屋。茂次の幼なじみ。
平助……番太。

■用語集
半挿……ハンゾウ・湯水を注ぐのに用いる。
盛物……モリモノ・神仏に供える供物
運上……江戸時代の租税
めまぜ……眼で合図すること

■目次
0:00 ちいさこべ 一
8:52 ちいさこべ 二
17:28 ちいさこべ 三
25:35 ちいさこべ 四
33:28 ちいさこべ 五
41:41 ちいさこべ 六
49:27 ちいさこべ 七
57:13 ちいさこべ 八
1:04:19 ちいさこべ 九
1:12:01 ちいさこべ 十
1:20:53 ちいさこべ 十一
1:29:30 ちいさこべ 十二
1:34:57 ちいさこべ 十三

#山本周五郎 #朗読七味春五郎 #小説

 

 

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG