人生を支えるウォルトディズニーの言葉  朗読名言伝

ウォルトディズニーの名言を、朗読しやがれ!

 人生を支える名言集も、ラインナップがそろって参りました。今回は、ディズニーランドとミッキーマウスをつくったウォルトディズニーの名言!

 ディズニーランドとミッキーマウスにもふれているのが素敵です!

 

 

読み上げた名言がこちら!

どんな洗練された大人の中にも、外に出たくてしょうがない小さな子供がいる。

与えることは最高の喜びだ。他人に喜びを運ぶ人は、自分自身の喜びと満足を得る。

ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。

宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。

笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。

単なる金儲けは昔から嫌いだ。何かをしたい、何かを作りたい、何かを始めたい、昔から金はそのために必要なものでしかなかった。

何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。

好奇心はいつだって、新しい道を教えてくれる。

現状維持では、後退するばかりである。

みんながミッキーマウスを見て笑えるのは、彼がとても人間らしいからだ。それが彼の人気の秘密だ。

考えなさい。調査し、探究し、問いかけ、熟考するのです。

あなたがやれる最善を尽くしたなら、心配したって事態は良くならない。私もいろいろなことを心配するが、ダムからあふれる水までは心配しない。

私はじっとしている事が出来ない。探索し、実験していないとダメなのだ。

私は自分の仕事に満足したことがない。私は自分の想像力の限界に憤る。

やってみないうちから諦めるのかい?私たちは高い目標を持っているからこそ、これほど多くのことをやり遂げられるんだ。

過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来る。

失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。

ものごとを見事にやることだよ。「もう一回それを見るためならお金だって払う」と言われるくらい見事にね。

成長していないなら、死にかけているんだ。

夢見ることができれば、それは実現できる。

夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。

楽しんで学べる「教育」よりも、気がついたら学んでいるような「娯楽」を与えたい。

不可能なことに取り組むのは、楽しいものだ。

自分たちのために商品をつくってはいけません。人々が求めているものを知って、人々のために商品をつくりなさい。

逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。

われわれの一番大きい資源は、子供の心である。

正直に自分の無知を認めることが大切だ。そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。

新しいプロジェクトをひとたびやると決めたら、とことん信じ込むんだ。うまくやる能力があると信じるんだ。そして、これ以上はできないという最高の仕事をするんだ。

子供のため、もしくは批評家のために作られた作品はヒットしない。私は子供のためにも、批評家のためにも映画を作ったことがない。ディズニーランドは子供たちだけのものじゃない。私は相手に合わせてレベルを落としたりはしない。

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。

私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。私の周りには、いつも私より優れた技術を持った人たちが私の代わりに働いている。私の仕事は新しいことを考え出すアイデアマンだ。

リーダーシップに一番必要な資質は勇気だと思う。通常、勇気にはある種のリスクが付きまとう。とくに新しい事業を立ち上げるときにはなおさらだ。何かをスタートさせ、それを継続させる勇気。この開拓者スピリットと冒険心が、チャンスがいっぱいのアメリカで、新しい道への案内役となる。

もし清掃作業員が良いアイデアを持っていれば、私は彼のアイデアを採用する。私は権威をひけらかしはしない。普通の人たちの意見を大切にする。

人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。

男は仕事のために家族を犠牲にしてはならない。

成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかとよく人から尋ねられる。自分でやってみることだと私は答えている。

若者の多くは、自分たちに未来はない、やることなど残っていないと思っている。しかし、探検すべき道はまだたくさん残っている。

0

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG