【月曜山本周五郎アワー】『おたは嫌いだ』 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房  【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに

 

著者得意の滑稽物です。
おたとの結婚を嫌がって、次から次へと嫁候補を連れてくる門太。命の瀬戸際に彼が気づいた答えとは……

1955年(昭和30年)3月 読切小説倶楽部掲載作品

■登場人物
津由木門太……普請場手伝いの侍。
双葉   ……奥女中。門太の幼馴染。
すみ江  ……門太の姉。奥向きの中老で松島ともいう。
小萩   ……門太の叔母。
お銀   ……料理茶屋「辰巳」の娘。
おむら  ……お銀の妹。

税所 主殿……年寄肝入。門太の姉と結婚希望。
三浦信吉郎……門太の友人。
松平対馬守……藩主。

なみ   ……松島の部屋子。
八重   ……喜助の妹。松島の部屋子。
和泉屋喜助……京染の主人。八重の兄。

洲崎の伝次……若旦那にやとわれたやくざ者
若旦那  ……吉野屋。お銀と門田の仲をやく。

■用語集
進物……シンモツ・贈り物
珍聞……チンブン・めずらしい内容の噂
念誦……ネンジュ・心の中で仏に祈り、口に経文などを唱えること
呪詛……ジュソ・のろうこと
褒貶……ホウヘン・ほめることとけなすこと

■この動画の目次
0:00 一
8:23 二
17:49 三
25:39 四
36:52 五
45:12 六
53:45 七
1:02:10 八

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG