TAG

山本周五郎

  • 2022年1月8日

山本周五郎/2.おもかげ抄  再録シリーズ  【朗読時代小説】

  定九郎を思わせるような美男。実は文武両道の達人なのだが、女房の我が儘気ままをひたすらきいて、周囲からは甘田甘次郎とあなどられている鎌田孫次郎。寺子屋の師匠とあいなったが、御意討ちの侍を見事討ったことで、孫次郎の真実が少しずつ明らかになっ […]

  • 2022年1月8日

【朗読まとめ】山本周五郎/夜明けの辻  再録シリーズ 四  【朗読時代小説】

  ■あらすじ  尊王論者、山県大弐の来訪で混乱する藩政。一枚流の達者、功刀伊兵衛は、山県大弐の危険思想を見抜き、反撥するが、大弐の思想にふれるうちに、徐々に感化されていく。彼は、藩を捨てて、信念に生きる道を選ぶ。  早すぎた幕末を、山本周 […]

  • 2022年1月8日

山本周五郎が描く、クライムノベルの傑作!「深川安楽亭」 オーディオブック

  ■あらすじ  無頼者のつどう深川安楽亭。あの日転がりこんできた御店者の富治郎、岡場所で無銭飲食をし、袋だたきに遭っていたのだが、どうやら深いワケがあるらしく……  無軌道な若者たちのふとみせた善意とその結末を見事に描ききった傑作短編!  […]

  • 2022年1月8日

野村胡堂作/遠山金さん 銀次捕物帖 三部作「手柄の銀次/銀次登場/焔の囁き」

  一、手柄の銀次  遊び人からは足をはらって、北町奉行として活躍する遠山左衛門尉——りっぱな殿様になってしまった金さんの元に、昔の彼をしる遊び仲間の与六老爺が訪ねてくる。二人が世話になった恩人大旦那が殺され、仲間だった若旦那が下手人に。金 […]

  • 2022年1月7日

【木曜山本周五郎アワー】『石ころ』朗読時代小説  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

戦場で一番槍の巧妙はたてるのに、兜首は一つもとらず、石ころだけ拾って帰る困った男、多田新蔵。  その器量の良さと、父が高官であることで、周囲から孤立していた松尾は、新蔵の真の心は別の所にあるのではないかと勘ぐる。彼女はあらぬ噂を、よい機会に新蔵の妻と […]

  • 2022年1月7日

【月曜山本周五郎アワー】『薯粥』【作業用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

岡崎藩にあらわれた十時隼人という侍は、無報酬、足軽限定で、早朝稽古をはじめた。毎朝、剣術を教えては、弟子に薯粥をふるまうこの男、目的はいったいなんなのか? 家老の惣兵衛は、隼人の並々ならぬ実力を看破するが…… ■登場人物 十時 隼人 ……浪人。足軽に […]

  • 2022年1月7日

【月曜山本周五郎アワー】『古今集巻之五』【作業用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

  突然の妻の自殺。原因はわからない。残された主計は、妻の死を受け入れられずに苦しみつづける。妻はなぜ死んだのか? ■登場人物 永井 主計 ……妻の杉江が突然自殺。以来人が変わってしまう。 杉 江   ……主計の妻。 岡本 五郎太……大目付 […]

  • 2022年1月7日

【木曜山本周五郎アワー】『紀伊快男児』朗読時代小説  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

高田牧之助は文武に通じ、藩主頼信からの信頼もあつい侍だった。が、最近では人が変わったように鈍重になっている。  頼信は豊家の侍たちを高禄でかかえ、旧家臣と新参との間で軋轢が起こっていた。牧之助は、新参の半九郎ともめた下り、土下座をしてあやまったことで […]

  • 2022年1月7日
  • 2022年1月7日

【木曜山本周五郎アワー】『しづやしづ』朗読時代小説  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

貞吉は、河内屋に婿入りして以来、人が変わってしまった。嫁のおしげとの仲が゜うまくいっていないためである。そんな彼を心配した友人たちが、無理矢理網打場にさそいだす。そこで貞吉を待っていたのは、ある女性との出会いであった。 ■登場人物 貞 吉……河内屋に […]

  • 2022年1月7日

【木曜山本周五郎アワー】『三十ふり袖』朗読時代小説  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

父にしなれ、病気の母を抱えたお幸は、喜兵衛の抱え者になることを承諾する。二十七にして、逃げていく女性としての幸せに悲観するお幸だったが、喜兵衛は意外な人物で…… ■登場人物 お 幸 ……喜兵衛の囲い者になる。 平 吉 ……飲屋「みと松」の主人。 お  […]

  • 2022年1月7日

【木曜山本周五郎アワー】『いしが奢る』朗読時代小説  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

 藩の財政を立て直す。そのためには、重臣と御用商人との関係をあきらかにしなければならない。主命をおびて、江戸から国許へとやってきた本信保馬。警戒する藩士と商人の目をかいくぐって、ひそかに探索をつづけるが、料亭で出会った一人の女性に心はいやおうなく惹き […]

  • 2022年1月7日
  • 2022年1月7日

【月曜山本周五郎アワー】『羅刹』【作業用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

  面作り師の宇三郎は、井関の跡目と、お留伊をかけて、羅刹の面をつくることに没頭していた。宇三郎は面を仕上げるが、偶然みた織田信長の悪鬼の表情に、彼は羅刹の答えを見いだす。宇三郎は全てを擲って、信長の後をおった。 ■登場人物 宇 三 郎 … […]

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG