山本周五郎『武道無門』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

 

■あらすじ

 藩でも評判の臆病者の小弥太は、ある日、これも評判の乱暴者と果たし合いをすることになる。そのさまを見ていた殿様水野忠善は、尾張領探索に小弥太を連れていくことを企てる。筋金入りの臆病者小弥太は、生きた心地もしないが……

■登場人物

宮部小弥太……先手組の岡崎藩士。生来の臆病を気に病んでいる。
お八重……作左衛門の娘。小弥太の妻。
河原勘兵衛……岡崎に新しく召し抱えられた豪傑。小弥太と果し合いをする。
水野監物忠善……岡崎藩主。名古屋城探索に小弥太をつれていく。
岡野伊右衛門……名古屋城探索に同行した岡崎藩士。
徳川義直……尾張藩主。

■用語集

上厠(じょうし)……便所に入ること
水垢離(みずごり)……冷水を浴びて体の穢れを去り、清浄にすること
おひゃからかし……からかう。冷やかすこと。
笑殺(しょうさつ)……笑うだけで問題にされないこと
口幅(くちはば)たい……身のほども考えないで、おおきなことをいう。

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG