朗読連載 【栄花物語】 山本周五郎の長編小説

栄花物語は打ち切りにあった?

1953年(昭和28年)1月~9月 『週刊読売』に連載された長編小説です。残念なことに、連載打ち切りの憂き目にあっており、そういう意味では、1955年連載の「花も刀も」
https://www.youtube.com/watch?v=Wz3R5npkwWE
 とおなじ運命をたどった作品。
 田沼意次親子を従来の悪人ではなく、革新的な政治家として描いたもので、そういう意味では、「樅の木は残った」
https://www.youtube.com/watch?v=BzpD06qOc5M&list=PLbLffmEwTDpqUxrw0aq2KZXpGx2ysC8bX
 にも通じる作品です。

 メンバーシップにて好評連載中の「安永一代男」にも田沼意次が出て参りましたが、これはたまたまです。メンバーシップ、はいってちょんまげ。

 第一話では、なにやらニヒルな旗本、青山信二郎が、世の中をななめにみながら、皮肉な笑いを浮かべております。第一話登場人物はこちら。

登場人物

青山信二郎……小普請組の旗本だが、田沼を批判する文書を作成している。
河井保之助……旗本の三男。信二郎の友人。
藤代その子……保之助の妻になる女。

用語集

警吏……ケイリ・警察官吏
戯作者……ゲサクシャ・戯作を生業とした人。江戸後期の通俗作家
露悪……ロアク・欠点や悪いところをわざとさらすこと
明月……メイゲツ・曇りなく澄み渡った満月。
内福……ナイフク・見かけよりも内実が豊かなこと。
運上……ウンジョウ・江戸時代の租税。金銭での納付は、運上金と呼ばれる。
砂塵……サジン・すなぼこり
あくどく……やり方や性格などがどぎつく、たちが悪い。
悲哀……ヒアイ・哀しくあわれなこと
むぐら……広い範囲の雑草
一中節……浄瑠璃の一流派。都太夫一中が創始
札差……フダサシ・旗本・御家人に支給される米の仲介をした。蔵米を担保に金融業も。
名妓……歌舞などにすぐれた芸者
こちのひと……妻が夫をさしていう。うちの人
食傷……ショクショウ・同じことに飽き飽きすること
中気……チュウキ・中風
重代……先祖代々伝わること
奏者番……ソウシャバン・年始・五節句などに、将軍に謁見する大名の姓名の言上、進物の披露、下賜品の伝達など行った。

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG