完結! 山本周五郎作 「風流太平記」

1952年(昭和27年)12月~翌年7月 『四国新聞』に連載され、には松平健主演でドラマ化されております。

 昭和二七年というと、山本周五郎自身「私の後半期の道をひらいてくれた」と語る「よじょう」の発表された年。この作品は、ラヴェル作の「ダフネスとクロエ」の曲想を散文に生かすことを試みたそうで、成功させるまで、一四年の月日が掛かったそうです。「一介の読み物作家から脱皮させた、といわれるほどの意欲作。その「なにか」をつかんだ年に、公開された新聞連載「風流太平記」面白くなかったら……ごめんなさい。私は面白かったです。

 イスパニアの死の商人と結びつき、幕府転覆をはかる紀州徳川家。のんびり者の三男坊、万三郎を筆頭に花田三兄弟と、同志とともに、陰謀にたちむかっていく——なんとなく風雲海南記を連想させますが、戦前の堅苦しさがなく、威勢良く楽しめる娯楽作——といってよいでしょう。

 全十回の連載となりますので、気楽にお付き合いいただけると幸いです😀

□再生リストはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=W8TXNqBAz3A&list=PLbLffmEwTDppkhHawqmteLoVl7BRMxUBJ

 

■登場人物紹介

吉岡 万三郎 ……旗本花田家の三男。吉岡家に養子に入る。
甲野 休之助 ……万三郎の次兄。紀州の甲野家の養子。
甲野 い と ……休之助の妻。
甲野 藤兵衛 ……休之助の養父。
花田 徹之助 ……万三郎の長兄。花田家当主。
幾 代    ……徹之助の妻。
松 之 助  ……徹之助の子。
花田 弥兵衛 ……三兄弟の父。故人。
花田 ぬ い ……三兄弟の母。故人。
甲野 つ な ……休之助の妻の妹。
吉岡 伊 吾 ……万三郎の養父。
木島 か よ ……甲野家の遠縁の娘。
半 次    ……孤児の少年。つなが連絡役に使う。
おちづ    ……孤児の少女。半次を好いている。
中谷 兵 馬 ……幕府交代寄合の四男。徹之助の同士。
榊原 主 膳 ……旗本。休之助の友人。

石黒 半兵衛 ……元「無神流」の道場主で剣の達人。
斧田 又 平 ……小普請組。徹之助の同士。万三郎と共に結城に潜入。
小出 辰 弥 ……井伊家の家臣。徹之助の同士。
牧田 数 馬 ……大久保家の家臣。徹之助の同士。
村野 伊 平 ……幕府二の丸大目付与力。徹之助の同士。
林 市郎兵衛 ……小普請組。徹之助の同士。
沢野 雄之助 ……小普請組。徹之助の同士。
太田 嘉 助 ……八丁堀与力の二男。徹之助の同士。
梶原 大九郎 ……町奉行与力。徹之助の同士。
添島 公之進 ……町奉行与力。徹之助の同士。

権あにい   ……拾い屋の頭株。
禿      ……拾い屋。
信 州    ……拾い屋。
三 島    ……拾い屋。おちづにつきまとう。
屁 十    ……拾い屋。おちづにつきまとう。
八 重    ……袋物屋の娘。林市郎兵衛の許婚。
文 吉    ……八重の兄。
古木 甚兵衛 ……機場の主
虎 造    ……古木の草履持ち
友 吉    ……廃船に住む老人

渡辺 蔵 人 ……紀州家小田原河岸の首席支配役。
古木 甚兵衛 ……結城の豪家(郷士)。陰謀に加担し、武器の隠蔽を図る。
虎 造    ……古木家の下男。
平 公    ……古木家の夜回り。
お 辰    ……古木家の女中頭。
五郎兵衛   ……炭焼き。元松倉屋の当主。休之助を助ける。
お 梅    ……五郎兵衛の孫娘。

伝 次    ……結城長岡の農民。騙されて陰謀に加担する。
秀      ……雨引村の農民。
安 吉    ……伝次の仲間。
大 作    ……伝次の仲間。
市 太    ……伝次の仲間。
松 吉    ……岡様の囲い人。おちづを救う。
お 仙    ……松吉のところの飯炊き
鬼 六    ……鬼の六兵衛。女衒。
お 民    ……ちづかの娘
小林 重兵衛 ……鳥沢の役人
蝮 の 八兵衛……笹子峠の駕籠人足

□全三十一編目次

1.変事
2.二人つな
3.紅雀
4.見えざる謎
5.女の眼
6.飛報
7.菊明り
8.風の街道
9.嫉妬
10.つなぎ船
11.江戸の霜
12.山の声
13.舞う雪
14.邂逅
15.芽ぐむ胸
16.うぐいす
17.観音谷
18.虎穴の章
19.烈火の剣
20.薄紅梅
21.春昼
22.道ひらく
23.蕨めし
24.鼠
25.夜ざくら
26.怪刀飛閃
27.再会
28.ながれる雲
29.猿橋
30.要害山
31.朱雀帰南

■用語集

山内……サンナイ・寺の境内、山中
被布……ヒフ・着物の上に着る、上着の一種。
ちょぼ一……中国渡来のさいころ賭博。いんちき、でたらめのこと

落魄……ラクハク・おちぶれること
符牒……フチョウ・隠語、合い言葉

定宿……ジョウヤド・いつも泊まる宿
蘆荻……ロテキ・葦と荻
おかわ……おまる
尻切半纏……尻の上までの丈の短い半纏
どんつく布子……糸の太い、節の多い木綿地で作った綿入れ
いぶせき……気が塞ぐ。心が晴れ晴れとしない。気詰まり。
四半時……30分
牡丹色……紫がかった濃紅色
艫……トモ・船尾

 

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG