心臓拍動実情

心臓の拍動は、一日およそ十万回

生まれてから死ぬまでです

一回の拍動では、60ミリリットル

1分間では、約五リットル

一日では、7200リットル

疲れないのか?

実は、心臓は、息を吐くときにわずかに休息しています

息を吸うときは酸素をとりこむ必要があるため、肺にせっせと血液をおくります

呼息では、その必要がないため、休憩をしているというわけ

これは肺呼吸をする全ての動物の特徴です

心拍数の変動システムは、ペースメーカー細胞が司っています

心臓の細胞中、1パーセントほどが、このペースメーカー細胞

電気信号を心筋細胞に送ることで、収縮弛緩のペースを生み出しています

この電気信号が、心電図になるわけです

0

最新情報をチェックしよう!

人体バンバンの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG