山本周五郎/おもかげ抄  再録シリーズ  【朗読時代小説】

 

定九郎を思わせるような美男。実は文武両道の達人なのだが、女房の我が儘気ままをひたすらきいて、周囲からは甘田甘次郎とあなどられている鎌田孫次郎。寺子屋の師匠とあいなったが、御意討ちの侍を見事討ったことで、孫次郎の真実が少しずつ明らかになっていく。
 旧題は愛妻武士道で、同名での映像化もされた。1937年(昭和12年)7月 『キング』掲載。戦前の作品とはおもえないほど、心温まるお話。

■登場人物
鎌田孫次郎……文武両道の達人だが、長らく浪人。女房に甘次郎との噂があるが。
椙江……孫次郎の妻。
六兵衛……「猪之松」の隠居。孫兵衛の面倒をみる。
吉公……問屋「猪之松」の雇人。
犬飼研作……御意討ちに倒れた侍。
沖田源左衛門……井上播磨守の大番頭。
千之助……源左衛門の息子。
小房……源左衛門の娘。
林主殿……源左衛門の老友。

■用語集
家作(かさく)……貸し屋
客来(きゃくらい)……客が訪ねてくること
水口(みずぐち)……台所
慮外(りょがい)……思いがけないこと。無礼であること。
意趣(いしゅ)……人を恨む気持ち。
鋩子(ぼうし)……刀剣の切っ先の刃
茅屋(ぼうおく)……茅葺きの屋根や家
入来(にゅうらい)……じゅらい。他人が来訪すること。おいで
笑納(しょうのう)……おくりものを笑って収めてくださいという気持ちをこめてつかう。
唱名(しょうみょう)……仏の名を出して唱えること
呵責(かしゃく)……責めさいなむこと。
微衷(びちゅう)……自分のまごころをへりくだっていう。
情誼(じょうぎ)……人と付き合う上での、人情や誠意
卒然(そつぜん)……突然。だしぬけ。
富岳(ふがく)……富士山
赫々(かつかく)……勢いが盛んな様

■この動画の目次
0:00 一
5:16 二
10:11 三
16:06 四
22:17 五
27:26 六
33:05 七

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG