家康の気持ち

徳川家の支配を盤石とするために、豊富家を滅ぼしたとされる家康

実際の家康は、秀吉との遺言を守り、豊富家との融和を行っていました

関ヶ原の戦いでも、西軍東軍ともに、秀頼への反逆者を倒す、という大義名分を掲げていました

関ヶ原のちの、1603年にも孫娘を秀頼に嫁がせています

当時は、豊富家の勢力はいまだ大きく、幕府を成立させた後も容易に手出しが出来なかったため、といわれています

家康は豊富家を配下に置くための融和政策を数々とっています

最終的に決裂し、大坂の陣につながりますが、豊富家が一大名として生き残る道もあったのかもしれませんね

0

最新情報をチェックしよう!

ザ・戦国の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG