地球の速度

地球は365日かけて太陽の周りをめぐり

24時間かけて一回転をする

誰でも知ってる公転と自転の話ですが、地球は動いている。ということはスピードがある。

どのぐらいの速さなんでしょうか?

公転の時速は約11万キロで、ジェット旅客機のおよそ百倍

ロケットが時速三万キロなので、四倍の速さで回っています

一方、自転速度は、公転て比べてゆっくりで

1700キロです(日本の緯度で、1350キロ程度)

このため地球が、急ブレーキをかけて制止すると、全てのものが、秒速465メートルで、東に吹っ飛びます

同時に465メートルの風速で、大気も吹っ飛びます。音速を越えてますね

もっとも被害が少ないのは、極地点になりますが、津波も起きますので、逃れることはできなさそう

地磁気は消滅し、昼と夜は固定

遠心力もなくなるため、地球の形は、南極と北極の方向に長くなり、海水もその方向に移動するだろうと考えられています

これ以外にも、太陽系として、銀河を一周しており、その速度は、なんと時速八十万キロ!

公転の七倍以上の速さになりますが、それでも一周するのに、二億四千万年かかります

ところが、この銀河も一定の方向に移動しています

グレートアトラクターと呼ばれる謎の重力源があって、多数の銀河団を引き寄せています。その速度は、227万1600キロ

ちょっと想像がつかない速度ですよねえ〜

0

最新情報をチェックしよう!

科学バンバンの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG