ほんとうに怖い植民地支配

 

 インドを統治するべく、イギリスが設置した東インド会社が雇っていた傭兵のこと。現地人がほとんどで、イスラム教徒とヒンズー教徒が、中心となり、構成されていた。
 アジアでの貿易を目的に設立。イングランド銀行から貸し付けを受け、アジア貿易の独占権を持っていた。香辛料貿易からはじまったが、やがてインドに行政組織を設けると、徴税、通貨発行、法律の施行までを行うようになった。独自の軍隊をもち、他国との戦争までを行い、植民地の統治機関に成長する。 設立は1600年、1874年6月1日の解散までその歴史がある。

 

 セポイたちが、反乱を起こしたのは、噂であります。新しく弾薬を包むために配布された袋には、牛や豚の油が塗られているらしい――

 ここで問題になってくるのが、彼らの宗教でした。

 ヒンズー教徒は、牛を神聖とみなしているし、イスラム教徒は、豚を不浄なものと敬遠しています。

 噂が事実なら、我々は、弾薬を取り出す度に、タブーを犯すことになる――

 セポイを管理していたのは、イギリスですが、当時東インド会社は、この傭兵集団を海外に派兵しようとしていました。また、当時インド社会は綿を特産品としていましたが、イギリスが綿製品を強制的に売りつけたことで、綿産業は壊滅状態でした。

 イギリスへの不満は、この噂をきっかけに爆発します。

 セポイたちの起こした反乱は、全インドに広がり、各地でイギリス軍と衝突します。

 結果としては、セポイたちは、統制のとれたイギリス軍に大敗を喫します。インドは、これをきっかけに東インド会社の手を離れ、イギリス国王に直接支配される自体となりました。

 これ以降、長年にわたる独立闘争へと繋がっていきます。

 昔は、セポイの反乱と学んでいましたが、最近はインド大反乱と呼ぶようですね。セポイがきっかけではありましたが、反乱勢力は多岐にわたり、

 藩王国の強引な併合や、とり潰しなどがありました。貴族役人軍人の失業、貧困が問題化し、

 イギリスによるインド支配は、ムガル帝国を弱体化させていました。インド大反乱は、デリーより始まりましたが、デリー臨時政府はムガル皇帝を名目上の君主とします。皇帝バハードゥル・シャー2世は、デリーへの攻撃的と同時に降伏してしまい、裁判により、廃位。ビルマへと流刑となります。ムガル帝国は、三百年あまりの歴史に幕を下ろすことになります。

 このようにムガル帝国を滅亡させ、インド社会に大混乱を引き起こした植民地支配ですが、タスマニア島でおこった蛮行に匹敵するものは、なかなかないでしょう。

 タスマニア島は、オーストラリアの南東部に位置し、タスマニアデビルなどで有名です。ちなみに大陸のタスマニアデビルは、絶滅。

 1642年にオランダ人探検家により発見され、植民が行われたのは、1803年。

 タスマニアには、アボリジニと系統を同じくする、原住民が暮らしていました。アボリジニよりも、原始的な暮らしをし、平和な民族だったそうです。

 氷河期には、大陸と島は、陸続きの状態でしたので、歩いて渡ることが出来たようです。

 氷河期が終わると、タスマニア島は隔絶され、タスマニア人は独自の生活を送るようになります。

 タスマニアが、流刑の島となった頃、島には9つの部族が存在していました。

 この原住民を、イギリス入植者は、動物を狩るようにして、虐殺していくのです。

 3000人から4000人いたタスマニア人は、1830年に始まったブラックライン作戦により、135人にまで激減。生き残った人たちも、タスマニア島北東の島に強制移住をさせられます。キリスト教や欧州文化を強制されたタスマニア人は、劣悪な環境と疫病によりさらに数を減らし、1876年には、最後の一人が亡くなってしまい、絶滅してしまいました。

1+

最新情報をチェックしよう!

恐怖の雑学の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG