【月曜山本周五郎アワー】『豪傑ばやり』【作業・睡眠用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

1940年(昭和15年)10月 『講談倶楽部』発表作品。大阪の陣もおわり、有能な侍は各藩にひっぱりだこ。三春藩でも、浪人隊をひきいて活躍した夏目図書を抱えようと、その行方をさがしていた。

 多くの作品を書いた年ですが、翌年からは日米開戦。山本の文芸方面にも協会が設けられて統制の圧力を受けることに。山本は捜索活動を続けるも、文学者も徴用されていき、前途暗雲がたちこめます。

■登場人物紹介
馬頭鹿毛之介……浪人。三春駒の飼立てに専念する源太兵衛の頼士。
苅屋源太兵衛……三春藩の侍大将。図書を捜し出す役目を仰せつかる。
大海 鱒 八……浪人。源太兵衛の頼士。
鼻の九十郎 ……浪人。源太兵衛の頼士。
荏柄 宮 内……浪人。源太兵衛の頼士。
萩 枝   ……源太兵衛の娘。鹿毛之介を想っている。
秋田 俊 季……三春藩主。河内守
夏目 図 書……大坂の陣の勇士。三春藩に招かれる。豪傑
相馬 大膳亮……藩主。
富田 七兵衛……浪人。
早瀬伝右衛門……水野勝成の老臣。
水野 勝 成……備後福山藩主。日向守
会田 内 膳……三春藩士。

■用語集
辺幅……ヘンプク・外見、うわべ
言上……ゴンジョウ・申し述べること
征馬……セイバ・戦場におもむく馬
蟄伏……チップク・表に出ずにこもっていること
大行……タイコウ・優れた行い。大事業
細謹……サイキン・ささいなことに気をつけること
致命……チメイ・命を失うこと
懇望……コンモウ・ひたすら願いのぞむこと

■この動画の目次
0:00 豪傑ばやり 一
6:20 豪傑ばやり 二
11:29 豪傑ばやり 三
17:04 豪傑ばやり 四
22:40 豪傑ばやり 五
28:24 豪傑ばやり 六
33:50 豪傑ばやり 七
39:09 豪傑ばやり 八

#山本周五郎 #短編 #朗読 #小説

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG