【月曜山本周五郎アワー】『薊』山本周五郎の実験的小説【作業・睡眠用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

☆チャンネル登録お願いします →https://bit.ly/3vXvUDm
 妻の秘し事に気づいた銕太郎、薊とあだなのある妻。藩内の娘たちに恨まれているという妻。噂を流すことのできない銕太郎は、妻の行動をさぐりはじめる。
 山本周五郎の実験的小説。
1959年(昭和34年)1月 『小説新潮』

■登場人物紹介
加川銕太郎……御側用人。妻の隠し事に心を痛める。
ゆ き を……銕太郎の妻。薊とあだ名されている。
加川佐久馬……銕太郎の弟。
岡野弥三郎……藩士。ゆきをの噂を銕太郎にほのめかす。
越後守信俊……藩主。
お う た……本陣「鍋屋三右衛門」の娘。
つ る  ……加川家の召使。
し づ  ……山岸平左衛門の妻。ゆきをの友人。

■用語集
借覧……シャクラン・書物などを借りて読むこと
まろ寝……衣服を着たまま寝ること
書肆……ショシ・書店
宿直……トノイ・夜の警備にあたること
数寄者……すきもの。風流人
にじり口……草庵茶室の客の出入り口

■この動画の目次
0:00 薊 一
10:19 薊 二
23:09 薊 三
40:17 薊 四

#山本周五郎 #朗読 #小説

 

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG