【月曜山本周五郎アワー】『桑の木物語』【作業用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

これはとある主従の、熱い友情の物語。

■登場人物
土井悠二郎……双生児として生まれ、里子に出され船宿で自由に育った。
信太郎正篤(泰春院)……藩主(若殿)。体が弱い。

土井勘右衛門……悠二郎の祖父。
土井忠左衛門茂冶……江戸留守役。悠二郎の実父。
かな女……悠二郎の母。
土井松太郎……悠二郎の兄。

仙吉 ……舟宿「舟仙」の主人。悠二郎の養父。
おつね……仙吉の女房。悠二郎の養母。
おみつ……仙吉とおつねの娘。

新泉小太郎----悠二郎と同じ正篤のご学友。
原精一郎……悠二郎の学友。
室井準斎……藩医。
新泉宗十郎……次席家老。
黒板権兵衛……土井家の家士。
渡辺老人 ……土井家家士。
花田 欣弥……藩学校の先生。悠二郎に眼をかけている。
浄松院  ……前藩主。若死にする。
順 子  ……正篤の妻。
清香院……正篤の生母。

勝んべ……悠二郎の喧嘩友達。
熊  ……悠二郎の幼なじみ。
おなつ……悠二郎の子。
勇吉 ……悠二郎の子。
お初 ……悠二郎の子。

■用語集
致仕……チシ・官職を退くこと
無為……ムイ・なにもしないこと。平穏無事なこと。自然に任せた状態。
稀世……世にまれなこと
勾配が早い……判断がはやい
強飯……うるち米をむした飯
家扶……カフ・家務・家計を司ること
連枝……貴人の兄弟姉妹
四万六千日……シマンロクセンニチ・七月十日の観世音菩薩の縁日。四万六千日参詣したほどの功徳をえられるといわれた
早逝……はやく死ぬこと
継嗣……あとつぎ
世嗣……世継ぎ
櫓臍……櫓杭におなじく
展墓……テンボ・墓参り
靖献遺言……セイケンイゲン・江戸前期の思想書。中国の忠臣義士の行状を記した
おっこち……恋に落ちること。情人
浅黄裏……田舎侍。やぼなことのたとえ
深間……フカマ・男女に深い仲
雑踏……ザットウ・人混み
待命……タイメイ・命令のでるまで待っていること
弔問……チョウモン・遺族を訪問して、くやみを述べること
精勤……仕事や学業にまじめに励むこと
嘉賞……ほめること
下賜……くだしたまわること。高貴の人から、たまわること
帷幄……本営
怨嗟……エンサ・うらみ嘆くこと

■この動画の目次
0:00 一
11:47 二
24:14 三
36:28 四
48:51 五
1:01:03 六
1:12:51 七
1:25:20 八
1:37:32 九
1:50:22 十

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG