山本周五郎
CATEGORY

山本周五郎

山本周五郎の小説作品を、朗読配信しています。

YouTube以外でも、Spotify、ニコニコ動画に一部転載しております。

  • 2022年9月28日

『みずぐるま』山本周五郎 【朗読時代小説】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

1954年(昭和29年)5月 『面白倶楽部』  少しおてんばだが、まっすぐな心をもった娘若尾と、義兄となった和次郎の心の交流を描いた山本周五郎の傑作短編。サブチャンネルに上がっていたものの再録です。 ■登場人物紹介 河内若尾……美若太夫として、巡業一 […]

  • 2022年9月28日

〖柘榴〗 山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  ■1948年(昭和23年)4月 『サン写真新聞』掲載作品  結婚はしたものの、夫の激しい愛情表現に、厳しい武家道徳をしこまれた真沙は耐えきれない。やがて、夫は真沙を幸せにするためにと、国庫に手を出し、国元を負われてしまう。一人になった真 […]

  • 2022年9月28日

『平八郎聞書』山本周五郎【朗読時代小説】  読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

1942年(昭和17年)7月 『島原伝来記』  戸田新兵衛は、足軽から身を起こし、いつか周囲の期待を一心にうけて、出世していった。抜きん出た栄進ではあったが、本人はさして誇ることもない。ところが、主君の命をうけ、江戸に向かう途中、やまだちに襲わせたこ […]

  • 2022年7月9日
  • 2022年9月11日

朗読『日本婦道記』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

第一弾 待つ   今週の、木曜山本周五郎アワーは、日本婦道記の三本立て。「待つ」をテーマに「春みたび」「不断草」「二十三年」  二年ほど前に朗読したことがありますが、今回は、再度録音してお届けします。   ■AI対策のおまけ「ゆる体操」  […]

  • 2022年7月1日

『おたふく 三部作〖妹の縁談/湯治/おたふく〗(再録)』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

山本周五郎の傑作短編集!  杵屋勘志津-こと、おしずの、愛と悲しみと根性の物語。 ちなみに書かれた年代は、最後のおたふくが最も古く、1949年(昭和24年)4月 『講談雑誌』に、発表されました。  作中の年代としては、妹の縁談が最初に来るのですが、こ […]

  • 2022年6月9日

連作長編小説 「季節のない街」 山本周五郎作

庶民の生き様を描き抜いた山本周五郎の連作現代小説。1962年に朝日新聞に連載されました。黒澤明の映画「どですかでん」の原作になった。 1.街へゆく電車 2.僕のワイフ 3.半助と猫 4.親おもい 5.牧歌調 6.プールのある家 7.箱入り女房 8.枯 […]

  • 2022年6月2日

【木曜山本周五郎アワー】『しじみ河岸』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

    吟味役に昇進したばかりの律之助は、殺人事件で自首したお絹に違和感をもつ。この女、下手人ではないのでは? 律之助は再吟味のために、証拠集めに奔走するが、その裏には、父の悲しい告白が隠されていた。著者得意の人情話です。 ※こち […]

  • 2022年5月31日
  • 2022年5月31日

【月曜山本周五郎アワー】『妻の中の女』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

☆チャンネル登録お願いします →https://bit.ly/3vXvUDm  実力者であるがゆえに、藩政をほしいままにし、思いさまに生きてきた信夫杏所。遊びを優先したがゆうに晩婚であったが、その妻にすらまったく関心をもたなかった。その杏所が、御殿建 […]

  • 2022年5月23日

【月曜山本周五郎アワー】『薊』山本周五郎の実験的小説【作業・睡眠用朗読】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

☆チャンネル登録お願いします →https://bit.ly/3vXvUDm  妻の秘し事に気づいた銕太郎、薊とあだなのある妻。藩内の娘たちに恨まれているという妻。噂を流すことのできない銕太郎は、妻の行動をさぐりはじめる。  山本周五郎の実験的小説。 […]

  • 2022年5月19日

傑作すぎるので、再録しました。ごめんなさい。『ちいさこべ(再録)』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  大火事で両親らをなくした茂次は、大留をたてなおすために奮闘をはじめる。母をなくし、行き場をなくした幼なじみおりつを雇うが、彼女は火事で焼け出された子供たちを集めて、大留で養おうといいだす。  ぶっきらぼうだが、人情には厚い。若き大工の苦 […]

  • 2022年5月7日
  • 2022年9月11日

新連載開始! 「正雪記 山本周五郎」 全三十一回  朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

 主人公は、由井正雪!江戸時代前期の軍学者で、慶安の変の首謀者。謀反人か、果たして?  樅の木は残った、にも通ずる、悪人とされた男の真実の姿。  お聞きください。  ■YouTube、再生リストはこちらです 登場人物紹介 ■登場人物紹介 小太郎……由 […]

  • 2022年4月30日

【木曜山本周五郎アワー】『屏風はたたまれた』【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

1957年(昭和32年)10月 『文藝春秋』発表作品  吉村弥十郎のもとにまいこんだ三通の不可思議な手紙。彼に思いを寄せる娘に、ひそかにあってもらいたい、とあった。婚約を控えた彼は、ためしにあってみることにするが。 ■新潮文庫「日々平安」再生リスト。 […]

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG