明智光秀の名ゼリフ

敵は本能寺にあり――

明智光秀が、織田信長に謀反を起こすときに放った一言。

日本の歴史上でもかなり有名なセリフの一つですが、残念ながら後世の創作。

確認できるもっとも古い記述は、明智軍記、で、本能寺の変から、百年ほどのちに書かれたものです。筆者は不明。事実関係もデタラメですが、「敵は四条本能寺、二条城にあり」と記載されているそうです。

この明智軍記を参考に、江戸時代後期に書かれたのが「日本外史」

ここでも「敵は本能寺にあり」というセリフが採用されます。

この日本外史は、多くの人に読まれ、明智光秀の名ゼリフも広まっていき今日にいたります。

0

最新情報をチェックしよう!

ザ・戦国の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG