心臓は、ガンに強い

心臓ガン、ってきいたことあります?

腫瘍は、心臓にも出来るそうですが、発生する確率は、0.02%

悪性腫瘍はそのうちの四分の一だそうです

心臓を形作るのは、心筋という特別な筋肉です

これが生まれてから死ぬまでほとんど細胞分裂を行わないのです

ガン細胞は、細胞分裂のさいに発生する異常細胞ですので、心臓では、発生しない、というのが、説の一つ

また、ガン細胞は、低温を好みますが・心臓は、体内でももっとも高温な臓器

体全体の11%の熱量を心臓が生み出しています

心臓の温度は40度以上あり、ガン細胞がかっぱつになる35度よりも遙かに高いのです

心臓が分泌するホルモン自体がガンの発生を防いでいるとも言われていますが、収縮を繰り返す心臓には、腫瘍細胞がそもそもできにくいといわれています

ちなみにガン細胞は、39度を超えると増殖が止まり、42度を超えるとほとんどが死滅してしまいます

ガンに強い、心臓クンなのでした

0

最新情報をチェックしよう!

人体バンバンの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG