ホームランボールは、地球を一周するか?

大谷昇平の活躍で、飛距離や、打球の速度が、注目されてますね。

人が打ったボールは、どのぐらいの限界まで飛ぶんでしょうか?

果たして、アラレちゃんのように、地球を、一周して戻ってくることは、物理的にありえるのか?

調べてみました

史上最速で二百キロ。それでも、重力にやがては敗れボールは、落下するんだそうな。

けれど、遠心力と引力が釣り合いさえすれば、ボールは、落ちないんだそうです。

その速度を割り出すためには、地球の半径と質量が利用されます。

出てきた数字は、

時速2万8476キロ

秒速7.9キロです

これを、第一宇宙速度、といいます。(海抜0メートルの場合)

問題は、地球には大気があることです。空気抵抗で減速するため、大気のない高度、100キロ以上の高度まで、打球を打ち上げる必要があります。

ただし秒速7.9キロとなると、マッハを超えてしまいます。すると、ボールの前方にある空気は圧縮されて、高温を放つようになります。

つまりマッハを超えたボールも、それを打つマッハを超えたバットも、耐熱性に優れていないと、燃え尽きることになります。

地球に戻るスペースシャトルは、マッハ20の速度だそうですが、表面温度は1400度です。

秒速7.9キロは、マッハ23を超えています。

だから、大谷には、1400度以上の高熱に耐えるボールとバットを用意してあげなくてはなりません

ちなみに、秒速11.2キロを超えるとボールは宇宙へ飛び出ますが、太陽の引力には勝てず

太陽を中心にした軌道に乗っかって、惑星のようにぐるぐると回り始めます

太陽系が嫌いな場合は、秒速16.7キロを目指してください

それに耐えうる、ボールとバットを用意することを忘れずに……

0

最新情報をチェックしよう!

科学バンバンの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG