ピラミッド実情

子供のころ、ピラミッドの建設と言えば、鞭でたたかれる奴隷のイメージでしたが、今では極めてホワイトな現場であったとわかっています

彼らは奴隷ではなく、ちゃんとした労働者でパンや肉などの食事をとり、家族と暮らしていました。

ピラミッドのそばには町や墓があり、ビールも毎日支給でした

ビールが、賃金代わりであったという話も(石版で)残っています

当時のビールは、栄養豊富だったそうですね

1+

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG