チャイムの秘密

学校で鳴るチャイムの音は、英国議事堂の時計塔が原音

日本で採用されたのは、1950年代です

当時はベルやサイレンが使われていましたが、戦争の記憶が色濃く残る時代なだけに、怯える生徒もいました

そこで代用品の研究がはじまり、キーンコーンカーンコーンの音色が普及

‪ただし規則で決まっているわけではないので、違う音色や、ベルやサイレンのままの学校もあるようです‬

‪あなたの学校は、どっち?‬

0

最新情報をチェックしよう!

編集人の雑学の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG