コロンブスと梅毒と

性病の代名詞とも言われる梅毒ですが、元は西インド諸島の風土病 

世界中に広まったのは、あのコロンブスが原因と言われています 

航海の途中で西インド諸島に立ち寄った探検隊は、原住民と性交渉を持ちます 

この探検隊が帰国すると、梅毒は、瞬く間に広がり、発狂するものが続出!

国王まで梅毒で亡くなります 

妙法寺記と、言う書物には、唐瘡、なる奇病の流行を伝えています 

1513年のことだというので、二十年程度で、日本にまで伝わったことに! 

治療が可能となった現在でも、現在でも五千人以上の罹患者が確認されていますので、コロンブスは余計なことをしたものです

0

最新情報をチェックしよう!

歴史の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG