NO IMAGE

オーディオブック 長編銭形平次捕物控 【怪盗系図】連載中!

銭形平次捕物控 長編第三弾は、怪盗系図!

 かつて、宇都ノ谷峠をさわがした六人斑男。
 二人はすでに死亡したが、生き残った四人の一味は、江戸に潜伏しているらしい。仲間割れでも起こしたのか。腕に入れ墨のある男たちが、一人また一人と死んでいく。
 捕り物名人、銭形の親分は、ガラッ八と捜査にのりだすが。

登場人物紹介

平次……銭形の平次。岡っ引き。銭占いと鍋銭打ちが得意技
八五郎……ガラッ八。平次の子分。
笹野新三郎……南町奉行筆頭与力。奉行朝倉岩見守の知恵袋。
お栄……半兵衛の娘
近江屋半兵衛……元浪人の金貸し
宇八……近江屋の番頭。
定吉……近江屋の小僧
明石五郎八……お栄のいた一座の座長。
元吉……仁助店に住む少年
定五郎……定吉の父親
お里……定五郎の妹
湯島の吉……中年の下っ引き
お雪……元吉の姉

 

用語集①

新造……嫁入り前の若い女
燻蒸……いぶった煙が立ち上ること
手燭……手にもつ灯り
藪入り……住み込みの丁稚や女中が休暇で実家に帰ること
大気……度量の広いこと
詰問……相手を責めて厳しく問いただすこと
媚態……男にこびるなまめかしい女の態度
身上……財産
中気……中風
因業……因と業

■この動画の目次
第一話 六人斑男
0:00 第一人目磔
11:18 賽の目
28:286 匕首の行方
46:11 一万二千両

用語集

逮夜……葬儀の前夜
配付……手配書
雁行……先になり後になりして進むこと
雑踏……人混み
堂宮……お堂とお宮
番太……木戸番にいる見張り番のこと。ここでは、番小屋
漫罵……むやみに相手をののしること
蜘蛛手……一カ所から、四方八方に分かれていること
ちょぼにも銅鑼にも……ちょぼは歌舞伎の地の文。銅鑼は、歌舞伎の下座音楽(効果音)
情火……火が燃えるように激しく高ぶる情欲
凝脂……きめの細かい艶のある白い肌
繊手……かぼそいしなやかな手。女性の美しい手
端居……家の橋近く。夏、風通しの良い縁側
有卦……陰陽道。干支の運勢が吉運の年

■この動画の目次
第一話 六人斑男
0:00 第三の犠牲
20:35 谷中の森
30:53 新しい手掛り
48:49 お栄の二の腕

 

 

 

用語集

身空……身の上
詭計……人をだまし、おとしいれようとする計略
先途……センド・勝敗・運命などの大事な分かれ目
身上……シンショウ・身の上。財産、資産、身代
嫣然……にっこりほほえむさま
お小姓の吉三さん……八百屋お七のおもいびと
説破……セッパ・説き伏せる、言い負かすこと

■この動画の目次
第一話 六人斑男
0:00 最後の一人
11:13 詭計の用心棒
21:21 縄抜け
32:29 平次は解く

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG