朗読『日本婦道記』山本周五郎【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

 

今週の、木曜山本周五郎アワーは、日本婦道記の三本立て。「待つ」をテーマに「春みたび」「不断草」「二十三年」
 二年ほど前に朗読したことがありますが、今回は、再度録音してお届けします。
 
■AI対策のおまけ「ゆる体操」 
 私が、もう二十年以上いっかんして続けているゆるトレーニングなんですが、おかげで肩こり腰痛もなく、健康です。うちのチャンネルは平均年齢も高いので、ちょっとずつ紹介していこうと思います。
 ちょうど私の師匠がYouTubeチャンネルをはじめましたので、ここに貼り付けておきます。
https://www.youtube.com/channel/UCnuDd0DgwDQa1bwFo8Tql3w

 ゆる体操は、書籍もけっこうあります。教室も各地にありますので、興味のある方は、お近くのゆる体操教室まで。ちなみに私は教えてません。

■春みたび 1943年(昭和18年)4月 『婦人倶楽部』
 戦場で行方知れずとなった夫。戦から逃亡したという汚名にたえながら、伊緒は待つ。
●登場人物
和地伝四郎……戸田大垣藩の徒士。天草征討軍に加わる。
伊緒……伝四郎の妻。
郁之助……伝四郎の弟。病弱。
すぎ女……伝四郎の母。
戸田氏銕……伝四郎の主君。天草征討軍の将。
林八郎右衛門……伊緒の父。
正之進……伊緒の兄。
伊四郎……伊緒の弟。
大高金右衛門……戸田家の老臣。
戸田治郎右衛門……戸田家の老臣。
内藤九右衛門……戸田家の家臣。
成川一郎兵衛……戸田家の家臣。
酒井源右衛門……戸田家の家臣。
森伝兵衛……戸田家の家臣。
村井五郎左衛門……戸田家の家臣。
平田玄蕃……戸田家の槍組番頭。

■不断草 1943年(昭和18年)5月 『婦人倶楽部
 突然の離縁に、自死すら考える菊枝。彼女は目の見えぬ義母を支えながら、夫の帰藩を待つ。
●登場人物
菊枝……三郎兵衛の妻。
登野村三郎兵衛……藩政改革に連座して退国する。
千坂与市清高……千坂対馬の子。
姑……三郎兵衛の母。目が不自由。
蜂屋伊兵衛……菊江の仲人。
仲沢庄太夫……菊枝の父。上杉家三十人頭。
仲沢門十郎……庄太夫の長男。
美代……門十郎の妻。
千坂対馬……上杉家執政。
上杉治憲……藩主。
長沢市左衛門……村の名主。

■二十三年 1945年(昭和20年)10月 『婦人倶楽部』
 藩のとりつぶしに翻弄される新沼一家。おかやは、主家を助けながら、主人と臣之助の花開く日を待つ
 
●登場人物紹介
新沼靭負……会津蒲の浪人。蒲生家に仕官するため、松山に行く。
おかや……新沼家の婢。崖から落ち、口がきけなくなる。
多助……おかやの兄。
臣之助……靭負の長男。
牧二郎……靭負の二男。
みぎは……靭負の妻。会津で病没する。
蒲生忠知……松山藩主。
松平隠岐守定行……新松山藩主。
いね……牧二郎の妻。

■この動画の目次
0:00 春みたび 一
7:04 春みたび 二
13:31 春みたび 三
21:05 春みたび 四
30:17 春みたび 五
37:54 春みたび 六

45:09 不断草 一
51:17 不断草 二
58:06 不断草 三
1:05:02 不断草 四
1:12:27 不断草 五

1:24:21 二十三年 一
1:31:26 二十三年 二
1:38:55 二十三年 三
1:46:29 二十三年 四
1:54:09 二十三年 五

#朗読 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG