幽体離脱実情

魂が体を離れ、横たわっている自分を見下ろす――昔から伝わる幽体離脱という現象ですが、これは本当にあり得ないことなんでしょうか?

心停止から、回復した人たちが、幽体離脱に似た臨死体験を語ることは多く(わたしはないですが)、この臨死体験と幽体離脱には、かなりの共通点があります。

いわく――

穏やかな気分であった

遠くで強烈に輝く光を見た

異界からきた人々とやりとりをした

――などなど

ところが

臨死体験をえずとも、幽体離脱を体験することは、不可能ではないのです……

それは、脳を用いた実験の被験者となること

脳に直接電気刺激を与えると、様々な反応が起こります。

運動野に電気を送ると腕が上がったり、

視覚野に刺激を与えると、色が見えたり、

このうち、大脳の角回、という部野に刺激を与えると、幽体離脱に近い感覚に陥った被験者が出てきたのです。

角回は、言語認知や、聴覚情報に関連した領域に当たります

一流のアスリートには、自分を含めた俯瞰視点を体験として語る人たちがいますが、このゾーンとも呼ばれる超集中状態には、脳の角回が、関わっているのかも……

信じるか信じないかは、あなた次第です!

0

最新情報をチェックしよう!

人体バンバンの最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG