夏目漱石の世界!

坊ちゃんの朗読始まる!

 

夏目漱石による中編小説、坊っちゃんは、1906年、明治39年雑誌ホトトギスの付録として出された。元来の江戸っ子で無鉄砲を自覚する新米教師の活躍を描いている。
 漱石自身が愛媛県尋常中学が教鞭をとっており、そのときの体験をもとに書かれている。このとき同僚だった数学教師の弘中又一 がモデルと言われている。ちなみに山口県湯野村の人だから、江戸っ子ではない。

 漱石は本作を十日足らずで書き上げたそうで、よほと乗りに乗って書いたのだろう。文章に勢いがあって、逆に映像化では、この文豪の勢いを表現できていない、とは、井上ひさしの弁。

 漱石自身は、慶応三年、江戸の牛込に生まれている。幼い頃に養子に出されており、養母は夏目家の奉公人であったやすという女性。きよのモデルであったかは定かではない。一高時代の親友・米山保三郎の祖母・米山清がモデルと言われているようだ。

 このきよの墓は、文京区千駄木の養源寺にほんとにある。
-------------------------
■坊っちゃん目次







いずれひとまとめにする予定ですが、しばらくお付き合いください
-------------------------

 

夢十夜

 

ここまで読み上げた、夢十夜全編を一つにまとめてみました!

 書かれた時代は明治も41年のこと。とくに、第一夜から第五夜までは、「こんな夢を見た」の書き出しではじまり、第十夜までつづきます。

 朝日新聞に、7月25日から8月5日にわたって掲載され、さまざまな時代の十の幻想的物語がつづられています。一つ一つの物語は独立しておりますが、共通する言葉もみられ、果たして文豪夏目漱石はなにをねらっていたのか、深読みしたくなる作品でもあります。

-------------------------

動画ご視聴ありがとうございました。
よろしければ、チャンネル登録をお願いいたします。

audiobookチャンネルでは、七味春五郎の著作の朗読をメインに行っています!著作権切れの作品の朗読も行います。
現在、講談の技法を朗読にとりこめないかと、日々研鑽を続けております。
登録は、コチラ↓
■https://www.youtube.com/channel/UCeTnkaLU8_MAMSdMFVrf1dw

1+

最新情報をチェックしよう!

文豪の世界の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG