【火曜ミステリー劇場 半七捕物帳】岡本綺堂作「新カチカチ山」 【作業・睡眠用BGM】 朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

第五十三話は、とある旗本の水死事件。単なる事故と思いきや半七の捜査は思わぬ方に流れていく。
 講談倶楽部の昭和十年三月号掲載。
 半七三十九才。1861年。事件の多かった年で、
 異人の首。鬼娘。菊人形の昔。女行者。半鐘の怪。化銀杏。
 などの事件があった。

□半七捕物帳 再生リスト
https://www.youtube.com/watch?v=OmWTJ71t4Fs&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd

■登場人物
半七……幕末江戸御用聞きの名親分
浅井因幡守……三千石の旗本
お早……浅井の妾。お部屋さま
お春……浅井とお蘭の娘。
お蘭……浅井の様。
千太……三河屋の船頭
お信……浅井の女中
小太郎……浅井の嫡子
拝郷弥兵衛……八丁堀同心
清吉……三河屋の亭主
金八……三河屋の船頭
幸次郎……半七の子分
長五郎……植木屋。お早の父
お富……お早の母
庄太……半七の子分
寅吉……深川の虎。船頭

■用語集
中幕……ナカマク・幕末から昭和初期の歌舞伎。一番目と二番目狂言の間に演じる。
馬盥……バダライ・馬を洗うための大型のたらい。
万々……バンバン・十分に
不為……ためにならないこと
邪正……ジャセイ・よこしまなことと、正しいこと
側杖……ソバヅエ・とばっちり。まきぞえ
延引……エンイン・遅らせること

□目次
0:00 新カチカチ山 一
11:12 新カチカチ山 二
23:35 新カチカチ山 三
34:06 新カチカチ山 四
41:45 新カチカチ山 五
57:26 新カチカチ山 六
1:05:25 新編忠臣蔵 読み直し

#半七捕物帳 #オーディオブック #岡本綺堂

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG