【木曜山本周五郎アワー】『悪伝七』【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

1936年(昭和11年)9月 『講談倶楽部』発表
 こちらは、「恋の伝七郎」 https://youtu.be/W2NREvAcgyc
の前身らしい作品です。発表は、1936年(昭和11年)9月 『講談倶楽部』にて。
 恋の伝七郎が、昭和二十一年の作。十年の修作の後もかんがいぶかい作品となっております。

■登場人物紹介
谷屋伝七……老職の次男だが、勉学も武芸も駄目な、不器用侍。
市島三千馬……文武にすぐれた侍。金穀元締方勤め。
忠太郎……やくざの三下。伝七が心を許す親友
藤尾……太兵衛の娘
大貫太兵衛……伝七らの通う剣術道場の師匠
谷屋伝左エ門……伝七の父
谷屋伝一郎……伝七の兄

■用語集
才物……サイブツ
眉目……ビモク
秋波……シュウハ・流し目・色目
牛耳……ギュウジ
鼬の道……行き来がたえること
延引……エンイン・仲良くすること。物事を先に延ばすこと
勘考……カンコウ・よく考えること
勤役……キンヤク・役を務めること
名聞……ミョウモン・世間での評判。
畏服……イフク・畏れ従うこと

■目次
0:00 悪伝七 一
10:02 悪伝七 二
21:35 悪伝七 三
31:36 悪伝七 四

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG