NO IMAGE

【木曜山本周五郎アワー】『屏風はたたまれた』【作業・睡眠用朗読】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

1957年(昭和32年)10月 『文藝春秋』発表作品
 吉村弥十郎のもとにまいこんだ三通の不可思議な手紙。彼に思いを寄せる娘に、ひそかにあってもらいたい、とあった。婚約を控えた彼は、ためしにあってみることにするが。

■新潮文庫「日々平安」再生リスト。
 https://www.youtube.com/watch?v=lTzN2vwjXJI&list=PLbLffmEwTDpr5X24S3O_yQ_6UnYWB55uZ

■登場人物紹介
吉村 弥十郎……伊与二郎の子。謎の娘千夜と会う。
吉村伊与二郎……中老。弥十郎に父。
さ と 女 ……弥十郎の母。
小 三 郎 ……弥十郎の弟。
み は る ……弥十郎の妹。
小島 靫負 ……みはるの夫。
信濃守 政利……藩主。
岡島 梅蔭 ……藩の儒者。
北 島   ……留守役。
ゆ き   ……千夜の乳母。
千 夜   ……謎の娘。弥十郎と契りを結ぶ。
ひ な   ……奈奈の方。政利の側室。
秀木 剛助 ……弥十郎の友人。次席家老の子。
伊沢 新五郎……弥十郎の友人。側用人の子。
亀 丸    ……政利とひなとの子。
す み   ……茶屋「川西」の女主人。
お 秋   ……「川西」の女中。
お し ん ……茶屋「中村座」の女中。

■用語集
藩儒……ハンジュ・藩主に仕えた儒学者
清絹……スズシ・
大幅……タイフク・大きな掛け軸
世子……セイシ・貴人の跡継ぎ

■目次
0:00 屏風はたたまれた 一
1:33 屏風はたたまれた 二
10:19 屏風はたたまれた 三
16:22 屏風はたたまれた 四
23:35 屏風はたたまれた 五
31:49 屏風はたたまれた 六

#山本周五郎 #朗読七味春五郎 #小説

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG