CATEGORY

野村胡堂

  • 2022年1月8日

【短編 銭形平次捕物控】】平次女難/野村胡堂作 【朗読時代小説】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房 オーディオブック

メインCHANNELで、八五郎女難(長編)を配信しておりますが、こんどの女難は平次の身の上に。しかもお静を離縁する騒ぎにまで発展します。果たして、銭形の親分は、この争いをどうおさめるつもりでしょう? ■登場人物 平次……銭形の平次。岡っ引き。銭占いと […]

  • 2022年1月8日

【短編 銭形平次捕物控】お珊文身調べ/野村胡堂作 【朗読時代小説】 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房 オーディオブック

  ■あらすじ 銭形平次がとらえるのに苦労した十二支組。その一味と思われる彫り物の男たちの殺害がつづく。平次は事件解決のために、ガラッ八をつれて、ほりもの自慢の会にのりこむ。 ■登場人物 平次……銭形の平次。岡っ引き。銭占いと鍋銭打ちが得意 […]

  • 2022年1月8日

野村胡堂作/遠山金さん 銀次捕物帖 三部作「手柄の銀次/銀次登場/焔の囁き」

  一、手柄の銀次  遊び人からは足をはらって、北町奉行として活躍する遠山左衛門尉——りっぱな殿様になってしまった金さんの元に、昔の彼をしる遊び仲間の与六老爺が訪ねてくる。二人が世話になった恩人大旦那が殺され、仲間だった若旦那が下手人に。金 […]

  • 2022年1月7日
  • 2022年1月7日

オーディオブック 銭形平次捕物控 【敵討ち果てて】

その四 敵討果てて  今回の銭形は、勘違いから起こった仇討ち騒動。  永楽銭は投げないが、平次の探査が光ります。 登場人物 伊勢屋玉吉……乾物屋 光川左門太……手習い師匠 三河屋甚兵衛……三河屋主 藤枝蔵人……浪人者ながら裕福で金貸しをしている お村 […]

  • 2022年1月7日

オーディオブック 銭形平次捕物控 【十手の道】

その三 十手の道 平次が劇中で投げる投げ銭は、寛永通宝で、重さは3.5グラム。小石程度です。  ちなみに子孫の銭形警部の得意技は手錠投げ。ファミコン版、カリオストロの城がなつかしいです。クリアできなかった……。  とっつあん、こと銭形幸一は、平次から […]

  • 2022年1月7日

オーディオブック 銭形平次捕物控 【傀儡名臣】

その二 傀儡名臣 銭形の平次は、最初寛文万治の人でしたが、化政年間の人とされたり、登場年代にパラつきはあるんですが、年齢は永遠の31才。これは野村胡堂自身当時の読者につっこまれたそうです。  住居は鰻の神田川の近所。恋女房と二人で、神田お台所町の貧乏 […]

  • 2022年1月7日

朗読版 銭形平次捕物控 【金色の処女】 

第一話 金色の処女 登場人物 金色の処女 ・平次……銭形の平次。岡っ引き。銭占いと鍋銭打ちが得意技 ・笹野新三郎……南町奉行筆頭与力。奉行朝倉岩見守の知恵袋。 ・お静……両国の水茶屋の看板娘。 ・峠宗寿軒……お薬園預かりの本草家 ・お小夜……宗寿軒の […]

  • 2021年8月24日
  • 2022年1月8日

銭形平次捕物控 全383編の名作を朗読中!

野村胡堂の残した捕物帖の白眉  時代劇の名品、銭形平次、その大本、野村胡堂のこれまた名作、銭形平次捕物控。  1931年にこの金色の処女が発表されて以来、26年間、長編・短編あわせて383編というとんでもない数の(ちなみに大川橋蔵のテレビドラマシリー […]

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG