DAY

2022年1月6日

  • 2022年1月6日

【月曜山本周五郎アワー】『おたは嫌いだ』 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房  【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに

  著者得意の滑稽物です。 おたとの結婚を嫌がって、次から次へと嫁候補を連れてくる門太。命の瀬戸際に彼が気づいた答えとは…… 1955年(昭和30年)3月 読切小説倶楽部掲載作品 ■登場人物 津由木門太……普請場手伝いの侍。 双葉   …… […]

  • 2022年1月6日

【木曜山本周五郎アワー】『内蔵允留守』朗読時代小説  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

剣の秘奥を求めて、別所内蔵允を訪ねた虎之助は内蔵允の不在を知る。留守宅に居座っている侍たちに追い払われた虎之助は、付近で出会った老農夫の宅で、内蔵允の帰りを待つことにするが。 ■登場人物 岡田虎之助……剣術の秘奥を求めて、別所内蔵允を訪ねる。 別所内 […]

  • 2022年1月6日
  • 2022年1月6日

【月曜山本周五郎アワー】『四人囃し』 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房  【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに

  下町の一場面もので、男女の複雑な人間関係を描いた作品です。 ■登場人物 平 吉……太物問屋「堺屋」の手代。 おたみ……正太郎の妻。 正太郎……金物問屋「伊賀屋」の息子。 おつま……水茶屋「梅むら」の女。 ■用語集 大川端……吾妻橋から新 […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『蘭』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

一人の娘を好き合った親友二人。一人は娘に求婚し、一人は身を引くことをそっと心に決める。そんな折、藩では老職の息子が、若者たちを集めて暴れ回っており、将来を嘱望された二人を目の敵にしていた。  友情と信頼と恋の行方を、山本周五郎が描きます。 ■登場人物 […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『矢押の樋』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

羽前国向田藩をたびたび襲う飢饉。領民をすくうために武士たちは数々の手をうつが、いずれも根本的な解決にはつながらない。そんな中、矢押(やのし)梶之助の兄は、幕府からの借款のため、交渉役として江戸へたってゆく。  国にのこった梶之助は、城の濠でゆうゆうお […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『秋風不帰』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  兵法修行から五年。帰郷した夏雄を待っていたのは、親族の死と自分を付け狙う侍達の姿だった。 ■登場人物 狩谷 夏雄  ……与右衛門の二男。兵法修業から帰郷した途端に、事件に巻き込まれる。 狩谷与右衛門 ……西条藩の槍奉行。夏雄の父。 狩谷 […]

  • 2022年1月6日
  • 2022年1月6日

山本周五郎『おかよ』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  島原の乱の活発なころ、細川家の孤独な足軽弥次郎は、戦場におもむくことをおそれていた。茶店の娘おかよは、同じ境涯の弥次郎に心をよせ、その才能をたった一人信じていた。 ■登場人物 お か よ  ……孤児の娘。同じ身の上の弥次郎に心を寄せ、島 […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『鍔鳴り平四郎』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  刀に話しかける、一風変わった侍が主人公。 ■登場人物 安田平四郎……居合の達人だが、変人のため大垣藩を浪人。 お 千 代……平四郎の世話を焼く。 白狼斎狸軒……辻講釈師。お千代の父。 松宮 主殿……大久保相模守の用人。 志 保  ……主 […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『おばな沢』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  ■登場人物 節  子  ……労咳に罹り療養中 戸田 英之助……尾花沢番所支配。節子と婚約する。 泰  馬  ……節子の兄。奉行職寄合所の考査役。 相良 桂一郎……泰馬の友人。尾花沢で英之助と働く。 和田 玄弘 ……医師。 三郎 左衛門… […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『改訂御定法』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

  1962年(昭和37年)12月 『文藝朝日』  藩の御定法改訂に反対した中所直衛は閑職にまわされていた。御定法を改訂以来、藩の奉行所は次々おこる問題に対処しなければならなくなった。  矢堂玄蕃は、要屋に訴えられたことで、詰め腹を切らされ […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎の人情もの 『湖畔の人々』全文朗読    読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

■登場人物 斉木兵庫……江戸屋敷年寄り役 那津……兵庫の妻 萩原作之進……勘定奉行 坂本孫左衛門……寒天を振興事業にしよとする豪農の一人。 お雪……孫左衛門の娘。 清水逸之右衛門……国家老 ■用語集 名跡(みょうせき)……代々受け継がれる家名 美田( […]

  • 2022年1月6日

山本周五郎『茶摘は八十八夜から始まる』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

あらすじ 遊蕩におぼれ、抜け出すことができずにいた平三郎は、父と重役たちの密談をきく。詰め腹、毒害…… 最初は自分のことかと思ったが、それは藩で預かっている本多出雲守政利の処遇のことであった。 酒乱で人まで斬るこの元大名を、人ごととは思えなくなった平 […]

  • 2022年1月6日
  • 2022年1月6日

山本周五郎『雨の山吹』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

最愛の妹の自殺を前に、揺れ動く兄の心を描いた名作。 登場人物 三浦又三郎……葛西家の次男。三浦家へ婿に行く。表祐筆。 葛西兵庫 ……又三郎の兄。奥家老。 葛西汝生 ……又三郎の妹。養子。 文 代  ……兵庫の妻。 小舘梅園 ……女塾の塾長。 動木喜兵 […]

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG