建国記念日の恐怖

カナダの建国記念日は、毎年の七月一日。この日の別名は「ムービングデー」

意味は、引っ越し記念日――

なぜ建国記念日にして、国民の休日に、人々は引っ越すのか?

カナダ最大のフランス語圏、ケベック州では、賃貸契約の大半が、七月一日で切れるのです。このため、何十万もの人が一斉に引っ越しをします。

路上はトラックで埋め尽くされ、荷物の運搬、人の移動で、大混雑です。

ところで――

この騒動の渦中にいるのは人間だけではないのです。人とともに移動するのは、ペットも同じ。

ところが、引っ越し先がかならずしもペット可とは、限らない。

保護施設を訪れる人は、あるところでは通常の三倍に。施設を訪れるならまだましな方で、路上に捨てる人、前の家に放置する人が後を絶ちません。

ムービングデーは、何百匹ものペットが、飼い主を失い、住処をなくし、飢えることになる恐怖の一日でもあるのです。

たとえば、カナダ第二の都市、モントリオールの保護施設では、月に平均六百匹の動物を保護していますが、建国記念日の、前後には千六百匹まで跳ね上がります。

猫の飼育を認める物件は多いのですが、犬となると、条件つきでも、19パーセントしかありません。

公的に認める物件となると、三パーセントしかありません。

カナダの建国記念日は、ペットにとっては、かならずしも幸福な一日ではないのです……

0

最新情報をチェックしよう!

恐怖の雑学の最新記事8件

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG