【朗読 山本周五郎アワー】『霜柱』【作業・睡眠用 朗読 BGM】

1960年(昭和35年)3月 『オール読物』掲載。厳しい上司繁野に、反発する喜兵衛だが、繁野には放蕩の末に人を傷つけ出奔した息子がいることを知り、繁野に同情するようになる。その息子義十郎が国元に戻り、喜兵衛にゆすりをかける。喜兵衛は繁野にはしらせず、決着をつけようとするが。

■登場人物紹介
次永 喜兵衛……郡代支配役に任命され、江戸から国元に赴任してきた。繁野のきびしい指導に反発する。
石沢 金之助……喜兵衛の友人。従兄弟でもある。
お か や ……料理茶屋「雪ノ井」の女中。
繁野 兵 庫……家老。江戸で放蕩していた喜兵衛を厳しく指導する。そこには裏の事情が……
和泉作左衛門……中老。
す み   ……作左衛門の娘。喜兵衛の許婚者。
仁 兵 衛 ……繁野家の家僕。
義 十 郎 ……兵庫の息子。放蕩の末出奔する。
け い   ……金之助の妻。

■目次
0:00  霜柱 一
11:22 霜柱 二
21:56 霜柱 三
33:03 霜柱 四

#山本周五郎 #朗読 #小説

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG