TAG

ねじまげシリーズ

  • 2020年2月20日
  • 2020年2月20日

ねじまげ物語の冒険 第二巻

はじめに――その少年について  以前―― ずいぶん昔の話になるが。 牧村洋一少年に関するお話は、つらつら述べたことと思う。そのお話は、ちょいと奇怪で、少しく奇抜で、だから終わりまでお付き合いしていただけたか、心許なく思っている。 いや、やっかい至極。 […]

  • 2019年11月5日
  • 2020年2月17日

ロビンフッドの冒険

ロビンフッドはもちろんイギリスが舞台ですが 最も有名なロビンフッド物語を描いたハワードパイルはアメリカ人でありイギリスに渡った事は無いそうです パイルは近代イラストの父とも呼ばれています 自分で、イラストを書き、美しい装丁の本を仕立て、世界的に愛好さ […]

  • 2019年11月3日

新選組八犬伝、と、分子原子の話

 あらゆるものは原子でできている  これを中学校あたりで習いましたが  原子がいくつも集まってタンパク質などの分子になり、その分子がさらにあつまり人体になっています  この原子と縁は絶えず動いていて、動きが激しくなると温度が高くなり、動きが弱まると温 […]

  • 2019年10月19日
  • 2020年2月19日

ねじまげ物語の冒険 作品紹介

ねじまげ物語の冒険 登場人物   洋一の仲間たち 牧村洋一 主人公 小学五年生。両親を殺したウィンディゴに、敵討ちを果たすと誓う。伝説の書の持ち主。 奥村太助 侍の少年 幼い頃から、ウィンディゴと戦う大人たちについて旅をしてきた。幼年ながら、剣の達人 […]

  • 2019年9月19日
  • 2020年2月24日

ねじまげ物語の冒険の、冒頭部分をチラ見せいたします!

突然の事故で両親をなくした牧村洋一は、預けられた擁護員でも虐待にあう。 悲しみにくれる洋一を助けにきたのは、ほら吹き男爵こと、ミュンヒハウゼン男爵だった! ミュンヒハウゼンは、洋一が、本の世界を守る最後の一族であり、そして彼の両親は伝説の書とよばれる本を守っていたことを告げる。 両親を殺したにっくき敵の名は、ウィンディゴ―― 狂った物語を元に戻すため、洋一は、ミュンヒハウゼン、侍の親子とともに、ロビンフッドの世界に飛び込んだ! 物語の世界を旅する少年の姿を描いたジュブナイル小説の傑作が、ついに開幕! サムライ対銃士、ロビンフッド対モルドレッドなど、夢の対決が、盛りだくさんの一冊です。

  • 2019年9月19日
  • 2020年2月24日

ねじまげ世界の冒険の、冒頭をチラ見せいたします!

上原利菜は、不眠症と幻覚に苦しんでいた。おなじ頃、郷里の神保町では、殺人事件が頻発していた。そして、幼なじみの面々にも、同じ症状が起こっていたのだ――25年前の小学生時代――あの頃にも同じことが起こっていた。失われた記憶が少しずつだが、よみがえってくる。25年前、あの山で一体何があったのか? 世界の崩壊が再び始まる中、六人の仲間たちは結集し、勇気と信頼を寄せ集める。世界のねじまげに立ち向かうには、互いを信じる心を、力とすることだ。 モダンホラー「ねじまげ世界の冒険 第一巻」堂々刊行中!

>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG