山本周五郎『鍔鳴り平四郎』【朗読時代小説】作業用BGM・睡眠導入などに  読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

 

刀に話しかける、一風変わった侍が主人公。

■登場人物
安田平四郎……居合の達人だが、変人のため大垣藩を浪人。
お 千 代……平四郎の世話を焼く。
白狼斎狸軒……辻講釈師。お千代の父。
松宮 主殿……大久保相模守の用人。
志 保  ……主殿の娘。
仲田啓之進……主殿の家臣。志保を平四郎に預ける。
大河内兵馬……大久保家の近習番。

■用語集
左手……ユンデ
二一天作……物を半分にわけること。数えること。計算。勘定。
非分……ヒブン・道理に外れたこと。理非
昂然……コウゼン・意気の盛んな様。自信に満ちて誇らしげな様。
什物……ジュウモツ・代々伝わる家宝。
踪跡……ソウセキ・足跡。あとかた。
あらかしこ……粗略で意を尽くさず、恐縮での意。女性が手紙の最後に書く。
白虹……ハッコウ・ビャッコウ・白色に見える虹。
朗詠……詩歌などを、節をつけて声高く歌うこと。

■この動画の目次
0:00 一
5:33 二
10:29 三
16:06 四
21:20 五
27:23 六
33:44 七

#山本周五郎 #朗読時代小説 #短編 #人情時代劇

最新情報をチェックしよう!
>丸竹書房

丸竹書房

七味春五郎の著作を中心に、無料連載や、電子本の販売、書籍の販売を行っています。 編集人「ゴンさん」の雑学も充実しております。

CTR IMG